フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

風俗で独立・開業を目指す!独立支援制度について

   

独立支援制度バナー

独立支援制度という言葉を聞いたことはありますか? 大手の風俗グループでは独立支援制度が用意されているケースが数多くあります。将来的に風俗店を経営してみたいという独立志向のある男性のための制度です。

あなたが風俗業界で仕事をしてみようと思った理由や目的は何ですか?もしそれが、頑張って大金を稼ぎ、将来は独立・開業を目指したいというものであれば、そしてその選択肢に風俗店の経営が入っているのなら、是非この独立支援制度について知っておいて下さい。

男なら一国一城の主になりたい

一国一城の主

成功したい。

あるいは

一国一城の主になりたい。

そう考える男性は世の中に沢山います。ですが、彼らの殆どはその夢を叶えることなく、日々の生活に追われいずれ諦めていきます。風俗業界は、世間的には受けの良くない業種です。ですが、ここには一般社会とは比べ物にならないチャンスがあります。風俗の仕事を選択した男性の多くは、切羽詰まっているか野心を持っているかのどちらかではないでしょうか。人生のリベンジもしあなたがそれを望むなら、この業界を選んだことは正解です。

今日、紹介する風俗の独立支援制度は、組織の一員として働き続けるのではなく、いずれは経営者になりたいと思っている男性のための制度です。自分のアイデアを現実化し戦略を立てて、成功を掴み取りたいという思いを胸に独立する。まず、その独立のメリット、デメリットについて考えてみましょう。

独立のメリット

・自分がトップになれる。

・自分のアイデアや夢を実現できる。

・成功すれば利益も桁違いに大きい。

独立のデメリット

・多額の資金が必要。潤沢な資金がある相手には敵わない。

・自分の能力、経験がすべて。ノウハウが足りなければ負ける。

・やること、勉強すること、雑務がものすごく多い。独立してから調べていたのでは間に合わない。手が足りない。人を雇えばまた費用がかかる。

・失敗したら店または会社を潰すことになり、大抵大きな借金が残る。

・風俗業界(特に新規出店できるデリヘル業界)は10年前、15年前と異なり飽和状態で、個人がそこに新しく食い込み成功するのは困難。

大手風俗グループから独立するという方法

フランチャイズ

以上のように、いきなり何もないところから始めても不利な上に困難な独立開業。経営は、一か八かというギャンブル的な考えでは成功は掴めません。ですが、独立開業のデメリットを最小限に抑えることができるのです。それが大手風俗グループなどが用意している支援制度です。この制度を利用するには、年齢、勤続年数、勤続中の業績、事業プランの審査など条件があります。

グループ店のフランチャイズ制度と完全独立支援制度(別会社の起業)に分けられます。

グループ店のフランチャイズ制度

フランチャイズ概念図

大手風俗グループの独立支援制度で多いのは、フランチャイズ制度です。そしてほとんどのフランチャイズ制度は、同業種、つまり風俗店の経営についてです。グループ内の店舗ですのである程度の制約はありますが、直営店舗に比べると、フランチャイズオーナーとして自分の意見やカラーを最大限尊重してもらうことができます。

グループが大手に成長する過程で培った経営ノウハウを利用することができます。成功者の実体験に基づくセオリーですから、これがあるのとないのとでは雲泥の差です。スタートから他の独立開業者よりずっと有利な立場に立ちます。

また、独立起業で最初のネックとなるのは開業資金および経営が軌道に乗るまでの運転資金です。これを準備金として、グループが出資するので、資金が不十分で立ち往生するということがありません。十分な広告宣伝費をかけられなかったり、店舗・設備にお金がかけられず在籍嬢を含めた従業員が辞めてしまったりするようなリスクがありません。実際、そのような見通しの甘さから、開業したものの途中で消えていったデリヘル業者は数え切れません。

風俗以外の異業種での開業を積極的に支援している大手風俗グループは、数は多くありませんが存在します。例としては、エステ、ネイルなどの美容関係、IT・Web関連、飲食店などがありますが、これらに限られるものではありません。もしあなたがアイデアと熱い気持ちを持っているのなら、そして資金や人脈がないがために折角のビジネスチャンスをみすみす逃しているのなら、チャレンジする価値があるのではないでしょうか。

独立支援制度

風俗グループによっては、上記のフランチャイズ制度を独立支援制度と呼んでいる場合があります。紛らわしいですが、グループの一員として開業するのであればフランチャイズになります。フランチャイズ制度でない独立支援制度とは、完全独立起業を支援してもらう制度になります。資金、人脈、そして経営のノウハウの面で助けてもらえることには変わりがありませんが、この場合は、資金提供の条件として、グループがあなたの会社の株式を一定割合で保有という形がとられるでしょう。

同じ結果に対しローリスクの方法があるのにハイリスクをとるのは愚か

ウィンウィン

同じ結果に対し、ローリスクな道があるのにハイリスクな道をとる人がいたら?恐らく失敗するでしょう。成功事例のマニュアルがあるのにそれを無視して自分の考えだけで突っ走ったら?ほぼほぼ失敗するでしょう。結果が異なる可能性が高いからこそ、ハイリスクをとることに意義があり、学び良い点は取り入れた上で自分の考えを作り上げることが知恵です。

本当に多くの人が一国一城の主を目指し独立しますが、一握りを除き失敗します。独立して経営者になるということは簡単ではなく、今この時代に日本で成功者になるのは大変難しいことです。毎年、数多くの店が開業し、間もなく消えていっています。

創造的・革新的なアイデアとプラン、そして能力と強い気持ちさえあれば、多額の資金・人脈・経営ノウハウという三本柱でバックアップしてもらえる風俗独立支援制度。今、あなたはどこか他で同じだけのものを調達できますか?全員の答がノーだと思います。

風俗店のスタッフとして頑張って働いて実績を残し、独立支援制度を活用して、経営者としての成功への道をステップアップしていってみてはどうでしょうか。

 - 未分類 , ,