フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

風俗業界を志望した動機を訊かれたらこう答えよう

   

風俗業界志望動機バナー

風俗店の求人へ応募しようと決めたあなた。採用されるには面接をクリアしなければなりません。面接は、あなたがその店や会社にとって価値のある人材であることをアピールする場です。試合でベストパフォーマンスを見せるには、練習と準備が不可欠です。面接対策はもうできていますか?

多くの風俗店では、一般業界の企業の面接同様に

・なぜ風俗業界を選んだのか?

・風俗業界の中で、なぜうちのお店を選んだのか?

ということを質問されます。今まで求職活動をして面接を受けたことがあれば分かると思いますが、これは基本中の基本の質問です。この質問を一切しない企業は、まずないでしょう。テンプレートな質問なのですが、いきなり訊かれると意外に答えるのが難しいものです。今すぐスムーズに過不足なく、他の応募者と差をつけて面接官の印象に残る答を言えますか?何と言えばいいのだろうと考え込む人の方が多いのではないでしょうか。

この記事では、風俗スタッフの求人に応募するにあたり、なぜ風俗業界と当該店舗を選んだのか、志望動機を説明するコツや良い例を解説します。風俗店へ応募する時の志望動機を考えている男性や、手っ取り早く志望動機のテンプレートが欲しい男性は、是非この記事に興味を持ち参考にして貰えればと思います。

「これは不採用!」と風俗店の店長など面接官が駄目出しをするNG例も説明しますので、風俗店に応募する際には気をつけて欲しいと思います。

志望動機の良い例

風俗店側から見て印象の良い志望動機をいくつか挙げてみましょう。

稼ぎたいという目標

お金を持つ男性

お金の話を面接でして良いのか?今までナイト業界やエンターテイメント業界に縁がなかった男性の中には、そう思う人もいるでしょうか。構いません。他の業界でなくあえて世間から偏見の目で見られている風俗を選ぶ大きな理由が、いろんな意味でお金であることは、風俗店側も面接官の店長も百も承知なわけです。お金のためなら悪い事をするというのは困りますが、お金と出世のためなら、「泥水を飲む覚悟」がある位の方が頼もしいです。

そこまで悲壮な言い方をする必要はありませんが(笑)、稼ぎたい金額や目標が明確な応募者は風俗業界の面接では好印象です。なんとなく「高い収入が欲しい。」ではなく例えば

・月50万の収入は絶対稼ぎたい
・お金を貯めて貯金額1000万円が目標

などは、ポシティブな志望動機として評価されます。何故、それだけのお金が欲しいのかという理由も説明できれば(例 これくらいの生活をするにはこれぐらい必要、○○年後までにこれだけ貯金してこれをしたい、など)更に良いです。場合によってはあなたの夢やこだわりに会社側が興味を持ち、サポートして貰える可能性だってあるかもしれません。

Oさんはこのように答えたそうです。「子供の頃、『大統領のように働き、王様のように遊ぶ』というキャッチフレーズのコマーシャルがありました。自分の夢です。大統領のように働くには仕事を任せてもらえる環境が必要です。王様のように遊ぶには、お金が必要です。」

成長したいという思い

やる気のある男性

風俗業界は経歴を問いません。完全な実力主義です。ですので、向上心のあるスタッフを心の底から求めています。今のポジションは関係ありません。

・接客やマネジメント(キャスト管理、部下の教育)のスキルを伸ばしたい。
・スキルを伸ばして、より稼げる男になりたい。

そういう志望動機は、成長したいという意志の表れですので評価されます。風俗=性産業はビジネスです。ビジネスマンとして常に上を目指したいという思いがあれば、風俗業界にはチャンスが広がっています。「ここなら自分でも採用されると思ったから。」「能力が高くなくてもできそうだから。」などとは間違っても言わないようにして下さい。今のレベルではなく、どこまで上っていきたいか、そしてそのために努力する向上心の有無を面接官は見ています。

独立希望

独立志向の強い男性

採用される前から独立を語って大丈夫か。またもやそう心配する人がいそうですが、大丈夫です。風俗業界は長く働くこともできますし、しっかり高収入を稼ぎ、スキルを伸ばして、次のステップに進むことも推奨しています。風俗店または風俗会社のオーナーは皆、独立心の強い経営者です。

何もないところから大金を生み出すビジネスを成長させることができるこの業界では、独立心や経営者になりたいという気持ちは褒められこそすれ、非難されることはないです。もし、あなたが一国一城の主になりたいという目標を持っているのなら、誇りに思って下さい。

・風俗店で独立したい。
・風俗以外で自分の会社を持ちたい。

大いに結構です。将来は社長になりたい!そう思ったら是非その夢を叶えて下さい。組織やコミュニティから出ようとする人にネガティブな反応を示すのは、安定志向第一の一般企業の話です。

勿論、独立は未来の話ですから、それまでは風俗店のスタッフとして真摯に仕事に取組み頑張ることもアピールするのを忘れないようにしましょう。

こんな志望動機はNG

面接でダメな例

信じられないんですが、応募者の中にはこんな人がいるんです。

・家から近かったので~
・前々から面白そうだなと思ってたんです~

すみません、毒舌発揮します。「学生のバイト以下か。」いや本当に、ノリが軽過ぎます。今時アルバイトに応募してきた高校生でも、もう少し真面目な受け答えができます。こういう応募者は、「異動があって店舗が遠くなったらどうしますか?」「面白そうって思ったんですね。どういう部分に興味を感じたんですか?」と掘り下げられると、まともに答えられないでしょう。

逆に自分がこう言われる立場ならどうでしょう。そんな人を自分の店舗の店員に採用して、将来店長として責任ある立場と大金を任せたいと思いますか?

風俗店の店員などスタッフ求人の採用基準は、決してそんなに高くはありません。どちらかというと、大手グループですら「来る者拒まず」の方針で、男性応募者に門戸を広く開いている風俗店が多いです。しかし、風俗店スタッフの仕事も、常識と仕事に対する本気度は必要です。流石にこういった軽過ぎるノリの男性は、応募の時点で不採用になることが結構あります。

あなたの頭のどこを探しても、これ以上の志望理由が存在しないというならともかく、答える志望動機を用意していなかったためにうまく言えずこのような結果になったら、とてももったいないです。

予想外であろう質問への答が微妙でも、風俗業界の面接では大きく減点されませんが、誰にでも「これは訊かれるはずだ。」と予想がつく質問への答がしどろもどろだったりおかしいと、印象がかなり悪くなります。また、求人に応募して面接を受けるのは、採用されてそこで働くためですから、志望動機のテンプレートが欲しい男性もこういう回答はNGだということを知っておいて下さい。

まとめ

風俗の男性スタッフ採用事情は

・基本的には来る者拒まず。
・とりあえず採用してみて、適正がなかったりすぐ辞めてもそれは仕方がないと考えている。
・だけれども、あまりにも非常識な人や軽過ぎるノリの人は、仕事である以上お断り。
・とは言っても応募や面接で入口を狭くしているお店は少数派なので、基本のマナーや準備をきちんとしていれば、大丈夫。

このような感じです。

風俗業界だからと甘く見過ぎることなく、自分の将来とキャリアのために真剣に面接に取り組めば、まず問題はないでしょう。検討を祈ります。

 - 未分類 ,