フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

風俗店員の旦那は無理?俺は結婚できないのか?

   

風俗店員は結婚できないのかバナー

世間の風俗業界に対する偏見は存在します。

日本に30万人以上の風俗嬢がいる。つまり20人に1人は風俗嬢なんですが、それでも「嫁に来てもらうならぜひ風俗嬢がいいわ。」という男性やその両親、「将来キャバ嬢になりたい。」ならまだしも「将来風俗嬢になりたい。」と娘に言われて平気な親って、ちょっと考えられませんよね。

それは風俗店員についても同じなのではないか。風俗店員では結婚できないのではないか。なんとなくそういう不安を感じていませんか?若い時はいいけれど、年齢も30を過ぎたら結婚もしたいし、可愛い子供も欲しいですよね。

風俗店員だと将来結婚できないのでしょうか?

風俗店員の彼氏と結婚を躊躇う理由

結婚をためらう女性

風俗店員のどういうところが結婚のネックになるのでしょう。大きな理由としては

①経済的な不安 収入は十分あるのか。年をとった時にどうなるのか。将来性。安定。

②世間体 親、子供、友達などにどう説明するのか。どういう目で見られるのか。見栄。プライド。

③仕事内容 女性と密接にかかわる仕事。浮気の心配。

が挙げられるのではないでしょうか。

風俗店員の結婚事情

現実には多くの風俗店員が結婚しています。子供がいる人も多いです。こういうと、偏見混じりに「結婚相手も現役・元風俗嬢なんだろう?」という人がいますが、その割合は意外に多くないです。

結婚する前には彼氏・彼女として交際期間があります。その期間に女性は、あなたの様々な面をチェックして、結婚相手として相応しいかどうか判断します。上記で述べた問題点がクリアできるかどうかは、あなた次第です。

女性が彼氏と結婚したくなる理由

結婚をしたくなる理由

結婚となると、ただ好き、楽しいだけではなく、相手の人柄や価値観、考え方、金銭感覚、将来性などを真剣に査定するのは当然です。

かつてのバブル時代、ITバブル時代ならともかく、今の時代は、公務員でもない限り、大きな会社にいても先のことはわからなくなってきています。有名大学を卒業し大手企業に就職しても、リストラされたり会社がつぶれたりします。運が悪く、ブラック労働やパワハラなどで、実力を発揮するどころか戦線離脱やむなしという展開もあります。スタートダッシュはそこそこですが、昇給の伸びしろがない職場もたくさんあります。なので、大切なのは現時点での位置、給料や肩書ではなく、実力や将来への考え方、経済観念、向上心です。

若い世代の女性は、そこをよく解っている人が多いです。彼女達は将来の生活をイメージできる相手かどうかで査定しています。風俗店員ということ自体は問題ではなく、将来に不安を感じない男性であることが大切です。子供を持つなら尚更ですね。女性には妊娠、出産、そして乳幼児期の育児という稼働しにくい期間が実際ありますから、旦那兼父親は家族を守ってくれるだけの器のある男でないと当然困るんです。

風俗店員であっても例えばこんな男性なら、女性は結婚したい!と感じます。

  • しっかり貯金している。
  • お金を上手に使える。

なら金銭的な不安は解消されます。風俗店員は収入面ではかなり恵まれています。店長クラスなら、少なくとも年収600万円~800万円は期待できるでしょう。そして一般企業と違って、風俗業界ではこのクラスの昇給・昇進は、向上心があり頑張り屋なら多くの人が35年働いて到達できるレベルなのです。

  • 向上心がある。
  • 将来の事をしっかり現実的に考えている。

なら、風俗店員としての出世も望めますし、将来的に独立して経営も可能です。風俗業界以外でも活躍も十分可能です。

  • 仕事に誇りを持っている。
  • 社会常識がある。

風俗店員だからどうこうではなく、卑屈になったり無責任だったり、そちらの方が問題です。また結婚となると、お互いの家族とのかかわりも避けられません。娘の結婚相手が風俗店員と聞いたら、心配したり反対するご両親は普通です。どれだけ自分の人間力で安心させられるかが試されています。面倒などと言うなかれ。これくらいのことに向かっていけないようでは、他人を説得し感動させ人の上に立って経営していけるとは思えません。

  • 家族を大切にする。
  • 公私混同、風紀違反しない。

独身、子無し夫婦もそれはそれで素敵な選択肢です。でも折角結婚して家族を持つのなら、旦那として、そして子供のため、恥ずかしくない人間になりたいものです。経営者にも人間力はとても大切です。一番コアな仲間である配偶者や子供を大切にできない人間が、仕事の仲間や部下を思いやれるのか、ですよね。旦那は給料運べば何してもいいわけじゃないです。

また万が一の時のため、入れる保険にはしっかり入っておくことも結婚の大切な条件です。風俗は社会保険完備でない会社が多いので、国民健康保険、国民年金の他に民間会社の各種保険や共済なども検討し必要に応じて加入しておきましょう。

そして

・計画性と実行力がある。

これが超超超大事です!無計画、飽き性、口だけは信頼関係を構築できません。恋の情熱が収まってきた頃に、愛を守り育てるのはお互いへの信頼と尊重です。

リアル風俗店員彼氏

最後に、友達の話になりますが風俗店員山本君とその彼女、そして別の風俗店員と付き合っていた里奈さんの体験談を紹介します。

結婚に向く例

こんな彼氏なら結婚できる

山本君は旅行会社で営業マンとして働いていましたが、退職。風俗店員になりました。

彼女はヘアメイクの学校を卒業し、アシスタントとして働いています。4か月前に知り合いの紹介で2人は出会いました。趣味の音楽の話で盛り上がり、友達から恋人にあっという間に進化。彼女は山本君が大好きです。山本君も彼女のことをとても大切に思っていて、今年30歳になることもあり、将来を見据えた交際がしたいと思い出しました。そこで先日、風俗店員である事をカミングアウト。

彼女としては、「好きだけど結婚となると好きだけでは済まない。」とのこと。

10年後、20年後、仕事や収入はどうなっているのか。

・今は山本君は、自分の周りの男性より結構お金があるけれど、将来は一般の仕事の男性に追い抜かされちゃうんだろうか?子供も欲しいし、正直旦那の給料が低過ぎて生活苦は辛い。

・風俗でずっと働くのかな?風俗辞めても他にできる仕事や資格はあるのかな?

・もしずっと風俗で働く気なら、安定したある程度大きい会社(グループ)で、店長とか○長っていう役職になって欲しい。そうでないなら他の仕事をして欲しい。

入社してから順調に仕事をこなし実績を積み上げてきた山本君は、現在副店長、月給は40万プラスインセンティブ、そしてボーナスです。実家住まいのお弁当男子なので、貯金しやすいのだそう。あと2年で店長、エリアマネージャーと幹部に昇進していくことができればと思っています。

最終的には長年の友人とインバウンド関連の起業を目指していますが、オリンピック前後の状況をしっかり観ながら動きたいので、当面は風俗店員の仕事を頑張って貯金額を増やす予定です。若い時に海外旅行やワーホリで身につけた語学力が無駄にならないよう、通勤時は英語のニュースを聴いたり読んだりしています。彼女はまだ海外に行ったことがないので、いつか休みを合わせてミナミの島か東南アジアに連れて行ってあげたいのだそうです。

結婚に向かなさそうな例

結婚をためらう相手

里奈さんの彼氏(35歳)は風俗店員。里奈さんが昔働いていた店の店員でした。恐らく風紀違反ですね。現在は風俗店員のバイトと元かのに経営させたバーの手伝いをしているようなのだそうです。あくまで手伝いです。週に何度も元かのと会ってるということですね。額も真実かどうかもはっきりしませんが、借金の返済があるとのことでお金がないのだそう。でも車はBMWです。

結婚には乗り気ではありませんが、するのが嫌というわけではなく、ただ経済的な理由で子供は当分作れないとのこと。BWW売って週6働けば、大丈夫そうですけどね。風俗業界や水商売関連が長く、将来的に本人はおしゃれな飲食店を経営するか経営コンサルタントとして仕事をしていきたいとのこと。でも貯金ないし借金あるし、資格ないし、スキルはあるのかな?不明です。

まとめ

イメージではなく中身まで見れば、風俗店員であることは結婚にマイナスではありません。少なくとも致命的な問題にはなりません。ブラックワークでワーキングプアや、昇進・昇給の見込みのない非正規単純作業労働者。生活していけない、将来に不安しかない、そんな状況より恵まれているといえます。

スキルとお金さえあれば、後の人生は本人の思考、計画、実行、この3ステップ次第です。

 - 未分類 ,