フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

風俗店員が教える 仕事がキツイは嘘!

   

仕事がキツイは嘘バナー

A「風俗店員になろうかと思うんだが、実際どうよ?」

B「キツイ!」BまたはC「無理。やめとけ。」

ネットの掲示板で目にするこのやり取り。

それを鵜呑みにして求人サイトを閉じたあなた

Aがどんな男性かも知らないのに?B(またはC)が少なくとも2店舗以上の風俗店スタッフと他の仕事をそれぞれ少なくとも半年以上してみた経験があるかどうかも分からないのに?

その情報収集・分析力、今後後悔しませんか?

風俗店員の仕事は「キツイ」のではなく「普通」 問題は「合う合わない」

マッチングが大事

風俗業界未経験の男性が風俗店員の求人に応募しようかと考えた時、仕事内容や内情はほぼ分からないでしょう。とりあえずネットで検索し掲示板やブログの「風俗店員についての噂」を読む。多くの男性はそうして、「風俗の店員の仕事はブラックワーク」、「風俗店員は超キツイ!自分には無理」と躊躇します。

ですがそれは正しい情報ではない可能性大です!何故ならそれらのとてもネガティブな意見は、風俗店員の面接で落ちた人やスタッフとして働いてみたものの続かずに辞めた人、あるいは辞めさせられた人によって書かれていることが殆どだからです。風俗店員の仕事そのものは、実際のところそれほどキツイものではなく、普通の仕事と変わりはありません。今の世の中、大抵の仕事はある程度キツイです。給料を貰って働く以上、疲れること、覚えること、嫌なことは必ずあります。

風俗業界に限らずどの仕事でも、合う人合わない人がいます。仕事内容が本人の能力や適性に合うかどうか、またその職場のカラーが個人の価値観に合うかどうか、これによって、ある人にとっては何十年と勤続することができ、別の人は1か月もたないということが起こりえます。大切なのは、よくわからないある人がどう感じたかよりも、どういう特性のある仕事でその仕事に向いているタイプは自分に近いのかどうかではないでしょうか。

デリヘルスタッフMさん

テレホンオペレーター

35歳のMさん。コールセンターのスタッフをしていましたが、給料面に惹かれ3年程前に風俗店員に転職しました。最初に選んだのはいきなりですが老舗のソープランド。理由は給料がダントツに良かったこととが用意されていたこと。(後に他の業種でも寮がある店はあることを知る。)

それまでコールセンターでお客様対応をしていたため、接客にはある程度自信があったそうです。ところが実際に働いてみると店舗型風俗では、来店するお客様への応対以上に掃除、備品運び、おつかいなど体を動かす雑用が多かったそうです。元々テキパキとスピーディーに動くタイプではないMさん。1日中階段を上ったり下りたりのフィジカルワークに加え、老舗故かソープランドという古い業種故か体育会系の社風が強い店で、先輩スタッフから叱られることが多かったそうです。

一旦風俗店員を辞めたMさんですが、もう一度チャレンジしてみようと心機一転、今度は割合新しい大手デリヘルグループの店員として働き始めました。今度は電話受付などのデスクワークが中心です。ここの店では何よりお客様への丁寧な電話対応を重視しているため、新人スタッフが最優先してマスターしないといけない業務となっています。

この点、Mさんは覚えが早く常連客からの評判も良いため店長からもとても可愛がられ、「転職して本当に良かったです。」とのこと。またパソコンなどOAに強いのも業務に役立ち、昇進試験も間近なMさんはイキイキしています。前のお店では「ナヨナヨしてる」とまで言われたMさんのキャラクターも、今度のお店では「Mちんが一番わかってくれる」「優しい」と女性から好評です。

ホテヘル店長Tさん

ホテヘルカウンター

Tさんは風俗店員歴5年を超えます。「僕はホテヘルが好きですね。」と仰る理由を伺ってみたところ、「カウンター業務が好きなんですよ。」との答が返ってきました。

「男性って、体を動かしたいタイプとデスクワークが好きなタイプに分かれますよね。あと、外部の人と接したいタイプとそうでないタイプ。」

「僕はちょうど中間なんです。動きっぱなしも疲れるし、かといって店の風俗嬢の女性としか話さないのもストレスが溜まる。特にうちは女性の年齢層も高めで、気の強い女性が多い店なんで(笑)。まあ僕はアパレル出身なんで、女性の集団には慣れてるんですが。でもカウンター業務があるおかげで、適度にリラックス、適度に緊張感が保てます。」

自分がこの4つのどのタイプか、どの辺りに位置するかを見極めるのは、仕事選びに役にたつと思いますよ。」

「僕は、風俗スタッフがキツイとは全く思わないですね。キツイって時間面ですか?それとも仕事内容?サービス業で働いたことがある人、姉妹がいたり女性の多い職場の経験がある人なら、むしろ楽に感じるんじゃないでしょうか、給料を考えるとね。

ピンサロ、ファッションヘルス、ソープランドのように店内に個室がある場合、店頭での受付以外に案内などの業務が発生します。また、掃除などフィジカルワークも増えます。

デリヘルでは相手の顔が見えない電話受付になりますが、受付があるホテヘルやその他の店舗型風俗では直接お客様の受付、案内が必要になります。

また、仕事が入るまでの間、女性が接客ルームで個室待機になるタイプの店舗型風俗と違って、デリヘル、ホテヘル、ピンサロなどの集団待機のお店では、やはり女性同士の人間関係やそこから生まれるトラブル、愚痴などをマネジメントする能力も重要になります。

ファッションヘルススタッフSさん

いかつい男性従業員

「まあ僕の場合はかなり切羽詰まってましたから(笑)」と豪快に笑うSさん。見た目は少し怖そうですが、頼りになるお父さん的存在なのか、出勤してくる女性全員と仲良く話しています。お客さんが来店したり出ていくたびに、Sさんの「いらっしゃいませ!!」「ごゆっくりお遊びください!!」「お上がりなさいませ!!」と大きな声が響きます。

40代のSさんは学生時代はラグビー部、建築関係の自営業をされていましたが、色々あって借金を抱えることになり風俗店員に転職しました。「新人なのにオッサンでした(笑)」と笑うSさんですが、持ち前の体力とフットワークの良さ、如才なく物怖じしない性格が幸いして、今では外出の多い店長の代わりに店を仕切っています。

「風俗店員の仕事はキツイですか?」と質問してみると、3秒ほどきょとんとした顔になり、「仕事は何でもキツイでしょ。だから給料が貰える。」との返事。「いえ、他の仕事に比べて?」と重ねて尋ねると、しばらく考えたSさんはこう答えました。

「その男性が生きてきた人生に因るん違うかな。ニートで体を動かしたこともなかったり、今まで親に全部やってもらって自分の好きな遊びしかしたことないなら、宅配便の倉庫で働いても居酒屋で働いても最初はキツイだろうし。そんな事言ってたら働けないのでは。でも、本当の体力仕事、肉体労働に比べたらキツイなんてことないよ。仕事も難しくはない。慣れたら誰でもできる。時間も確かに12時間くらい店におるけど、毎週休みもある。世の中のサラリーマンも結構そんなもんよ。95時きっかり、週休2日、高い給料にボーナスもなんて恵まれた人は、公務員とか一部の人間だけ違う?」

「ただ、絶対に言えることは、風俗でも風俗でもなくても、会社や店のカラーと自分が合わないとキツイと感じるね。上司との相性も。上司は働いてみないと分からないしそのうち替わるかもしれないけど、会社や店のカラーはある程度入社する前に分かると思うね。僕は」

まとめ

風俗店員として働く3人の声、如何でしたか?今回は敢えて3人のコメントをほぼそのまま掲載しました。これを読んでご自分で何がポイントか気づいて頂けたらと思います。

あなたの適正や価値観はあなたが一番良くわかるはず。風俗店員の仕事にはメリットもあればデメリットもあります。ただ選択を誤らず頑張って働けば、給料という形で見返りがある仕事であることは事実です。

 - 未分類 ,