フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

風俗スタッフの休日 そもそも休日はあるのか

   

風俗スタッフの休日バナー

風俗業界未経験の男性にとって、求人広告を見ただけでは実際の待遇は分かりにくいものです。例えば休日。風俗店で店員として勤務したら休日はちゃんとあるのでしょうか。そして日数としてどれくらいあるのか。

また、風俗業界というと長時間ワーク、高収入、経歴不問・実力主義というワイルドなイメージがありますが、現役風俗スタッフの皆はどのように休日を過ごしているのでしょうか?

風俗スタッフの休日数は少ない

休みが少ないカレンダー

のっけから厳しいことを書くようですが、実際の話、風俗業界の待遇として、休日はあまり多くありません。風俗業界全体を見るとまだ週休二日制は浸透しておらず、週休制、1週間に休日は1というお店が多いです。とはいえ、週休二日の風俗店も徐々に増えてはきています。

風俗業界はサービス業、接客業ですので、世の中の多くの飲食店やサービス業などと同じようなシフトやスケジュールになってしまいます。一般大企業のホワイトカラーが休みの週末や、盆暮れ正月、GWなど長期休暇の時期は、まず休日とはなりません。むしろ出勤が求められる繁忙期であったりします。

ですが、飲食店然り、ホテル業界、レジャー業界、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、デパートなどの流通業界や小売店然り、そのようなスケジュールで働いている人は少なくありません。風俗業界が特殊かと訊かれれば、そんなことはありません。ありふれた休日待遇です。

また風俗業界に転職する人は、風俗スタッフの高収入を一つの大きなメリットと見做している場合が多いですから、短期間でしっかりと貯金したいという人にとっては、逆に休みが多く無駄に使ってしまうよりも好都合です。人間、時間が余るとどうしても出費が増えます。忙しければ使っている暇がないので、嫌でも節約することができます。

風俗スタッフの休日はごく普通

リラックスする男性

風俗スタッフの求人といえば高収入と並び、経歴不問・実力主義が特徴でもありメリットでもあります。そのためか、風俗店の店員として働いている人間は相当ワイルドというイメージがあるようです。もしあなたが、風俗スタッフは、休日には睡眠もそこそこにギャンブルに明け暮れているとか、腕っぷしが衰えないようジムや武道で体を鍛え続けているという想像をしているのなら、的外れです。そういう人が一人もいないとは言いませんが、ほぼ皆無です。

では何をしているかというと、普通のサラリーマンと変わりません。典型的な休日としては、独身者であれば寝坊してゲームやDVD。ドライブに行ったり買い物に行くこともあります。飲酒に関しては、飲める人もいれば全然飲めない人もいます。風俗スタッフは交代制でほぼ年中無休の出勤シフトになるので、一般の営業マンのように仕事でしょっちゅう酒を飲む義務がありません。飲酒が好きであっても週休一日ですし、次の日からの仕事を考えると程ほどに楽しむという程度です。

風俗スタッフには既婚者も多数いますので、休日は家族とゆっくり過ごすことも多いです。普通の夫であり、普通の父親です。あくまでも普通の人と同じような休日の過ごし方をしていて、特に派手なものではありません。

趣味のバイク

あえて言えば、風俗スタッフ(一般の風俗店店員)から店長、幹部と昇進していくとかなりの高収入になりますので、車好き、バイク好きの男性は、愛車のカスタムやドライブ、ツーリングを楽しんでいる人が少なくありません。一般のサラリーマンではなかなか手が届かないところがありますが、大人の男のおもちゃといったところでしょうか。

まとめ

風俗スタッフは休日などちゃんととれないのではないだろうかと疑問に思っている人には、こうお答えします。風俗業界は休日が特に多い業界ではありません。ですが、特別少ないブラックワークというわけでもないです。休日という待遇については、特に心配することはないといえます。

 - 未分類 ,