フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

求人を探しているなら風俗のレタッチ職が将来有望!

   

風俗のレタッチ職が将来有望

「レタッチ」という言葉を聞いたことはありますか?また求人サイトなどで見たことはありますか?既に知っていて、レタッチ求人を探している男性、実は、風俗業界にはそのような求人がかなりあります。また「レタッチの仕事ってどうなんだろう?」、あるいは「一体何をする仕事なんだろう?」と疑問を持っている男性は是非、この記事を読んでもらいたいと思います。

レタッチを仕事にすること。はっきり言ってものすごくお勧めです!!知らない人は損しているかもしれません。是非あなたの転職・求職の選択肢として検討してみて下さい。

今、レタッチできる人が求められている

Photoshopでの写真修正

今回は風俗業界に絞ってお話します。風俗ではレタッチというスキルを持つ人材が、とても必要とされています。レタッチというのは、簡単に言うと写真の加工です。こう言えば、風俗でレタッチという職業が必要とされる理由が分かるでしょうか。

そうです。風俗ではお客様と店の一番最初の接触点、始まりが在籍女性の写真なのです。大多数の男性は、自分の気に入った風俗嬢とプレイするため風俗を利用します。WEBで風俗媒体などを見て、店名ではなく、女性を選択基準にして今日はどこのお店で遊ぶかが決まります。そして風俗店が自店の女性をアピールする上で、一番最初に男性の目に付くものは在籍写真です。まずは「見た目から」という訳です。当然ですね。

男性ユーザーにとって優先度が高いのは

風俗嬢の在籍写真>写メ日記>プロフィールの各項目や文章>お店自体

の順でしょう。

そのため、風俗店にとって在籍女性の写真は必須です。そしてこの在籍写真は撮影して終わりではなく、必ず加工しなくてはなりません。加工の理由は大きく分けて2つです。

①女性を最大限に宣伝するため
②風俗嬢はどの女性も誰にもバレずに働きたいと思っている

どちらも当たり前のことです。特にバレ防止は、女性に風俗の仕事を続けてもらうために絶対必要なことです。風俗嬢の女性なくして、風俗店の利益も将来もありません。その為、知人が見ても本人とバレないレベルに加工することが必須です。レタッチの仕事は風俗店が営業していくため、また風俗嬢が安心して働くためになくてはならないスキルなのです。

将来を考えて手に職をつけよう

撮影後の写真にレタッチ加工することが、風俗では必須なことはお話した通りです。ですが、本人と分からないようにする必要があるからと言って、ただ加工すればいいというものではありません!重要なことが2つあります。それが先ほども述べた

①お客様から見て女性が魅力的に映る加工

そして

②やり過ぎた加工はNGだということです。

レタッチしすぎで別人になった例

風俗店の商品は風俗嬢である女性です。自分のお店の商品を、より魅力的に見せ売り出す必要があります。そうでなければライバルに勝つことができません。ですが同時に、やり過ぎた加工は、実際お客様がその女性に会った時に、「誰だよ?別人じゃねえか!」となるのでアウトです。これはお客様にしてみれば騙されたと感じますから、怒りと不信の原因になります。そんな状態でサービスをさせられる女性も、辛い思いをします。「騙された」お客様はリピートしませんし、店の評判は下がります。このWEB時代に商売をしていくにあたって、それはとてもリスクが高いことです。

・知人が見て本人と分からない
・お客様が魅力的に感じる
・実際会っても納得できる

という3つを合わせた写真加工が必要になるのですから、レタッチの仕事は奥が深いです。実際、レタッチ作業自体はそれほど難易度が高いわけではありませんが、技術をしっかり確立するまでには意外と時間がかかると思います。人にもよりますが23年は必要くらいに思っておいた方がいいでしょう。

レタッチで食べていけるという事実

ペンタブレットを使ったレタッチ作業の様子

レタッチの仕事をお勧めする理由は、このスキルを身につければこの先ずっと食べていくことができるからです!将来を真剣に考えれば、食べていけるだけのスキルを身につけることは、転職・求職活動にとても大切です。

ただし、風俗会社や風俗店で社員になり、1日の労働時間の全部をレタッチ作業で埋めることができるかというと、そうではありません。大手風俗グループで系列店舗がいくつもあり、レタッチスタッフが12名しかいないという場合は、1日中レタッチという事もありえますが、通常、現場では他の作業も入ってきます。

例えば、もっと問い合わせや応募の数が増えるよう営業用サイトや求人用サイトを改善したり、バナーのクリエイティブを変更したり、求人ブログを書いたり、様々なことをレタッチのない時にはしている風俗店がほとんどでしょう。

風俗業界ならスキルが身につく

ノートパソコンを操作している男性

またレタッチは、WEB関連ワーク未経験の男性にとってもお勧めの職業です。初心者レベルの仕事から始まり「手に職」をつけていくことができるからです。一般の会社ではWEB関連の経験とスキルがなければなかなか採用して貰うことができませんが、風俗業界は慢性的に人手不足の傾向があり、また元々、未経験者でもやる気と能力があれば積極的に採用する風潮が強くあります。

またレタッチをしていない時間帯には、幅広いスキルを身につけることができます。一例を挙げると下記のようなスキルが身につきます。

ブログライター

風俗店のほとんどは、営業用ホームページ、求人用サイト、その他でブログやSNSを積極的に利用しています。閲覧数を増やしWEBで検索上位に入るためにもブログなどの執筆、更新は大切な仕事です。数えきれない程の風俗店があり膨大な情報があるWEB時代ですので、記事はどんどん消費されていきます。そのため、ライターとしてのスキルを磨く良い経験になります。ライティングスキルに一番大切なのは、数多く書くこと。書けば書くほど、テクニックも身につきスピードも上がります。

WEBサイト制作

HTML/ CSS/ PHP/ javaScript などのコーディングスキル、加えてディレクションスキルが身につきます。知識や経験があればどんどん仕事を任せて貰えるので、スキルを大きく伸ばすことができます。逆に初心者の場合は、簡単な仕事から徐々にスキルアップしていくことが可能です。

バナー制作

風俗業界では、バナー広告は集客に重要な役割を占めています。Photoshop/ Illustratorのスキルやデザインスキルが身につきます。ただ制作するだけでなく、いかに見ている人の目と興味を惹くか、宣伝効果の高いバナーを制作するためのセンスが磨かれます。

効果測定

WEBの仕事はやりっぱなしではありません。大切なのは、自分達の仕事の宣伝効果を把握し、改善していくことです。効果測定は重要な業務です。Google AnalyticsSEOの知識経験が豊富になります。この経験は、WEB関連の仕事をしていくにあたり将来的にも役立ちます。

WEBの仕事はやりっぱなしではありません。大切なのは、自分達の仕事の宣伝効果を把握し、改善していくことです。効果測定は重要な業務です。Google AnalyticsSEOの知識経験が豊富になります。この経験は、WEB関連の仕事をしていくにあたり将来的にも役立ちます。

これらのスキル、経験をしっかり積めば、レタッチスタッフからのスタートでも、将来、WEBディレクター、デザイナー、エンジニア、ライターと幅広いキャリアチェンジが可能です。これだけの「勉強」をさせてもらえる上に、採用の間口はかなり広いのですから、将来のキャリア構築をしっかりしていきたいという男性にとっては理想的な求人のひとつだと言えます。

しかも風俗のレタッチ加工を含むWEBスタッフは、初任給23万円~30万円スタートです。一般企業では、WEB関連の実務経験が浅い男性なら採用されること自体が難しいでしょうし、仮に採用されたとしてもこの待遇はまずありません。時給数百円から1000円ちょっとのバイト待遇で食うや食わずになるが、修行期間と割り切るしかないというのが厳しい現実ではないでしょうか?

まとめ

上記のように、風俗業界のスタッフ求人はレタッチ求人をはじめとして、成長したいという意欲のある男性にとってはかなりの好条件になります。以前は風俗会社や風俗店のスタッフとう仕事には難色を示す男性も少なくありませんでしたが、昨今では、ブラック企業や将来性のない職場で働くよりずっとベターな選択として、人気が出てきています。風俗スタッフの求人で一番多いのはやはり一般の店舗スタッフ(店員)になりますので、レタッチスタッフなどの求人がある時はチャンスです。このブログを目にされたのも、縁でありチャンスではないでしょうか。

チャンスの神様には前髪しかなく(後は毛がないツルツル坊主)、全速力で前から走って来るといいます。前からチャンスがやってきた時にしっかり捕まえないと、後から捕まえようとしても遅いという寓話ですが、男性の出世やキャリアアップにも言えることです。このチャンスを逃すな!そう言っておきましょう。

 - 未分類 , ,