フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

風俗で働いた職歴 転職時には皆どうするのか?

   

職歴はどうするのか

風俗スタッフとしてとりあえず働こうと考えているけれど、一生この仕事をするつもりはない。そういう男性は少なくないでしょう。例えば、風俗業界で2-3年働いて、別の仕事をしようと考えているとします。その時転職活動において、職歴は問題にならないのか。次の就職に不利になるのなら…という悩みは感じるのではないでしょうか。風俗で働く前から、別の業種への転職の心配をしているのかと言われるかもしれませんが、私に言わせれば当然です。人生はこの先何十年とあるのですから、リスクはある程度抑えたいものです。

風俗業界に就職またはアルバイトとして働いても、かなりの人数が転職していきます。彼らが皆どうしているのか、またどうするのが良いのかについて教えます。

転職先によっては職歴として書きづらいのが風俗

悩む男性

現在では、風俗店も大手グループをはじめとして多くの店が会社という形態をとっていますので、就職活動の履歴書や職務経歴書に「デリヘル人妻たちのエッチな○○」ですとか、「ソープランド△△△△」と書くことはまずないでしょう。大抵は「株式会社○○」「△△グループ」という名称になっていると思います。

ですので大手企業や固い仕事などを除き、転職したいと思う業界や会社によっては、そのまま書くことに何ら問題はないでしょう。問題は面接です。面接時には、具体的な業種、業務内容、役職などについて質問される可能性大です。

職歴を書かなかった転職者の事例

しれっと歩く男性

このため、職歴を正確には書かなかった転職者も結構います。嘘は良くないことですが、実際にはかなりいるといえます。

微妙に別の仕事をしていたことにする

完全な嘘ばかりではありません。例えばコールセンターデリヘルで風俗スタッフとして働いていれば、主要な仕事は電話受付ですから、あながち嘘ではありません。かなり似ていると言えます。

あるいは接客業です。風俗は接客業ですのでそこは事実です。コンビニ、居酒屋バイト、カフェバイト、警備員、交通整理、パチンコ店など、それほどハードルが高くなくアルバイトも多い仕事、また自分が過去にアルバイトで経験した仕事が多いようです。経験または知識がまったくないと、質問されてもうまく答えることができません。明らかに別の分野ではなく、誰でもどんな仕事内容か容易に想像できる仕事で接客業であるものが望ましいです。面接で微妙に別の職歴を言うのは、見栄を張るためではないのですから、大切なのは自分ができる仕事やアルバイトであるということなのでしょう。

ブランクにする

ブランクがあることにする

いっそ、その期間は職歴なしにしてしまうという人もいます。その中でも多いのが

①資格取得のために勉強していた
②長期旅行に行っていた
③実家手伝い
④親の看病・介護

です。

資格取得のために勉強

簿記、宅建など転職先の仕事に関連するまたは必要な資格にして、まだ取得していないが勉強中であると答える人もいます。実際に取得する予定のものであれば問題ありませんし、面接で前向きな姿勢を示す返答だといえるでしょう。

旅行に行っていたことにする

国内でも海外でも構いません。長期になる場合は、バックパッカーというのもあるでしょう。

ここで注意しておきたいことがあります。「自分探しの旅に」は×。この台詞が流行っている様ですが、オススメはできません。就職の面接では、好意的に取られないことが一般的です。しかも、「それで何を見つけたか?」「どういう体験をしたか?」など突っ込まれるだけです。例えば、「前職の仕事で自分なりに目標を達成しました。次のステップに進む前にリフレッシュ休暇としてしばらく休んでいました。」くらいの方が、悩みが増えません。

実家の手伝い

実家が何かしら自営業などをされている人なら、それを手伝っていたということにする人が多いです。違和感のない説明です。

親の看病をしていた

意外かもしれませんが、割とこれはよくあるんです。親が病気で倒れて一時的に…という説明です。

他にも手段はある

なるほどと納得する男性

職歴について嘘が入ってしまうことをフーワークでは推奨はしません。何故なら他にも手段はあるからです。

風俗で地盤を固めてからアルバイト期間を入れる

基本的に今の世の中、転職自体は珍しくも何でもありません。そして、面接で企業が気にするのは直近の仕事(前職)、そして求人の職種と関連のある職種の職歴や経験、スキルです。風俗スタッフとしてしっかりスキルを伸ばし、貯金した上で、その後半年~1年くらい何かしらアルバイトして職歴を作ってから転職するという方法があります。アルバイトの種類はそれほどこだわらなくてもいいでしょう。あくまで職歴を作るためのアルバイトです。

風俗であと数年働き起業する道も

起業するためあと35年風俗スタッフとしてみっちり働き、経営スキルを磨き、しっかり貯金する。高収入の風俗業界であれば、気合いと根性さえあれば資金は作れるでしょう。この道を選ぶなら、自分自身の成長と貯金は必須です。困難も多い道ですが、大きな成功ができる可能性があるのもこの道です。

この道を選ぶなら、今働いている風俗店がベストな環境なのか、立ち止まってもう一度考えるのも良いと思います。自分自身を大きく成長させてくれる環境であるか、経営スキルなど独立に必要な知識や経験が得られるか、また給与面でももっと良い条件の風俗店があるかもしれません。この選択肢を選ぶなら、些細な悩みに捉われている暇はありません。今すぐ、ベターな条件がないかフーワークに掲載している風俗店の求人を検索するべきです。

最後に

以上が、風俗から別の業種に転職する時に、多くの人が職歴について工夫している実態です。風俗で働く不安として、今後転職時の職歴についてはそれほど悩む必要はないといえるでしょう。

 - 未分類