フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

職歴はフリーターのみ それでも風俗店員なら成功できる可能性がある

   

fw_フリーター_top

今まで定職に就かず、フリーターできたものの、ふと年齢や将来を考えるとそろそろ潮時。そう不安になる時が、誰にでもあります。ずっとフリーターでいるということは、裏返せばワーキングプア一直線ということ。ちゃんと安定した給料を得て将来設計を…。そう思って就活するものの、職歴がない、経験がない等の理由で就職口がない場合は珍しくありません。

フリーターだからワーキングプア。定職に就きたいという意欲はあるのに、職歴がないから転職できない。だからフリーターのまま。そして年齢と共にフリーターとしての給料や条件も悪化していく。もう悪循環です。どうやったらこの負のスパイラルから抜け出すことができるのか。

実は、風俗業界なら今までの職歴がフリーターのみでも雇って貰える可能性がかなり高いです。

下記は、アラサーでフリーターから脱出した風俗スタッフM君の体験談です。

フリーター人生 ある日将来を考えて

fw_フリーター_1

なんとなく入った大学を1年で中退した後、学生時代にしていたコンビニバイトを1年ほど続け、その後は飲食店で適当にバイトをしていました。実家暮らしだったんですが、稼いだ給料は全部好きな様に使っていったので、まあ人生お気楽モードで楽しかったんですよね。

そうこうしているうちに親から叱られまして、「きちんと就職して、実家に食費を入れろ。給料の1/3は貯金しろ。」と。今から思えば至極まっとうな親の忠告だったんですが、当時は「うるせえな。」としか思わないクズでした。しびれを切らした親に実家を追い出されました。当時は、うるさい親から離れられてせいせいしたくらいにしか思わず、一人暮らしの自由を満喫していたんですが…

実際、一人で生活していくって経済的にも体力的にもキツイんですよね。飲食業界なので、シフトさえ増やせばフリーターでも自分一人の生活はしていける給料なんですが、貯金はまったくできない。数年前に膵炎を起こして長期入院したんですが、その時やその後貯金もない自分は、ものすごい不安を味わいました。これじゃ日雇い労働者と変わらないじゃないか、って。これから先、どうするのかって考えた時に、このままじゃ結婚もできないし、また病気になったら終わりだなって。

いい加減に定職をきちんと見つけようと決心して、求人を探したんです。でも、職歴なし、経験なしで雇ってくれる正社員の仕事を見つけるのは無理でした。しかも自分は大学を中退したので、高卒です。まずそういう求人がない。高卒、未経験可の求人があっても、月給が16万円くらいなんです。これだけ給料が低いと、フリーター時代より貧しくなります。しかも大抵はブラックワークか3K。何のための転職なのやら。それなら時間に余裕のあるフリーターの方がましだと思ってしまいました。

見つけた仕事先は風俗店

fw_フリーター_2

欝々としていた自分はある日、未経験可、職歴・学歴不問、高収入という求人を見つけて自分の目を疑いました。そんなおいしい話があるはずないってね。それがデリヘル風俗店員の求人だったんです。偏見はそれほどなかったですね。世の中に必要だから風俗業界というものがあるんであって、風俗店員を悪いもののように言うなら、体に害のあるタバコや酒に関わる仕事も、人の病気や病原菌を扱う医療関係の仕事も、清掃業も、人の死を扱う葬儀関連のビジネスも、全部偏見の対象になると思うんですよね。それって、偏見を持っている方が間違ってるじゃないですか。だから自分は、怖い人が経営しているのでなければ別にいいかと。

入店して驚いたのは、求人詐欺だったんですよ、逆の意味で。求人に書かれていた給料は30万円だったんです。自分はどうせ実際は25万円くらいなんだろうと思ってました。ところがちゃんと30万円。まだデリヘル風俗店員としての仕事なんて何もできない自分がです。嘘みたいと驚いて、でもこんなに貰えるんだから頑張って働こうとモチベーションが上がりましたね。業界のことやデリヘルのことも早く覚えようと思って頑張っていたら、ある日社長に「ちょっと飯でも食わないか?」と呼ばれて、なんと給料が40万円に上がったんです!デリヘルスタッフに就職してからそんなに経っていません。

風俗店員の仕事は本当に「やる気」だけでいいんです。やる気さえあれば、仕事自体はそれほど難しいものではないのでこなせます。つまりやる気さえあればかなりのレベルに行けるんです。自分の親戚が関西にある島に住んでいるんですが、従兄は高卒後地元の役場に勤めました。自分と違って模範的な人生で、親にとっても自慢の息子です。ただ、就職して10年以上たっても給料はほとんど上がらないらしいです。永遠の16歳ならぬ永遠の16万円。

電話受付対応やパソコンを使っての簡単な作業、売上や女性の給料計算など、デリヘル風俗店員の仕事はどれも苦にはなりませんでした。仕事で唯一苦労したのは、女性とのコミュニケーション。意外でした!今まで飲食店のフリーターバイトで、女性のお客さんもたくさんいたので、余裕だと思っていたんですが、自分の引き出しの少なさや人生経験不足を感じましたね。今までの接客はマニュアル通りだったんですよね。でもデリヘルの女性は一人一人違う生身の女性。しかもデリヘルで風俗嬢として働くのは、かなりストレスフルな仕事です。飲食店でフリーターをしていた時のような接し方では、信頼関係を構築し女性の仕事をしやすくすることなんてできないんです。

突然俺の人生に展望が

fw_フリーター_3

風俗業界はもちろん水商売の経験もなかった自分にとっては、初めての経験が多く戸惑うこともありました。でも風俗店員としての毎日が新しいことの勉強ですし、いろんな人と出会って視野が広がりました。また何しろ給料が高いので(笑)、貯金もグングン増えています。あの頃の自分からは考えられないのですが、いずれは独立して店を構えることも考え始めていますね。実は昨年の正月休みは(実際は正月後です。交代で休みをとりましたので。)数年ぶりに実家で過ごしまして、年をとった両親にもお年玉を渡すことができました。散々心配をかけましたから。

まとめ

M君のケースはほんの一例に過ぎません。かなり多くの「元フリーター」が風俗業界ではスタッフとして活躍しています。店長、幹部と昇進していくにつれ、給料も大きくアップします。何より、風俗業界では学歴・職歴一切不問ですので、やる気があれば人生を切り開くこともやり直すこともできます。もしフリーターを脱したいと考えているのなら、風俗店員という道があります。

 - 未分類 ,