フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

早く店長になる…風俗店で出世したいなら転職前にこれを読め!

   

fw_店長_top

風俗業界の男性求人は、高収入で出世スピードが速いため、昨今人気の就職先となりつつあります。同じ、就職したり転職するなら、出世し高収入を手に入れたい。そう考えるのは当然です。

風俗店に転職(または就職)して、1日も早く出世し店長になることを目標にしている男性の皆さん、皆さんが望んでいるのは、店長という肩書そのもの以上に店長になることで手に入る高額の給料ではないでしょうか。

風俗店は男性一般スタッフからマネージャーや店長などの役職に出世すると、かなり給料がアップします。風俗業界の昇給ぶりは、やはり世間一般のそれとは一線を画しています。風俗業界への偏見や引け目を感じる男性も少なからずいるとは思いますが、稼げるという点では間違いありません。

では店長になることを目標にするとしましょう。

店長になるにはどうすればよいのか

風俗店に入社して、いつくらいから店長という身分に出世できるのか

について見ていきます。

店長になるとこうなる

fw_店長_1

風俗店でスタッフから店長に就任すると、どうなるのでしょう。風俗店店長の実態に迫ってみましょう。

店長の役割

店長というのは、文字通りその風俗店の長であり、その店舗の責任者です。日々の店舗営業マネジメントはもちろん、風俗店の売上アップのため、経営企画や営業促進といった業務も負います。また、店舗運営に対し責任を持ち、働いている男性スタッフと女性風俗嬢の双方をまとめ上げる仕事でもあります。

①営業店舗の日常管理

②営業企画・促進

③人的資源の管理

この三つが、風俗店店長の毎日の仕事における大きな柱となります。一般スタッフとして働く間もこれら三つの業務に携わるのですが、「まとめあげる」「リーダーシップをとる」という面でやはり店長の責務はスタッフに比べ大きくなります。

風俗店店長は高収入

風俗店店長のお給料は本当に言われているほど高いのでしょうか?これについては、かなりの高収入になる可能性があります。風俗店男性求人の条件にもあるように、店長クラスであれば月給50万円~のスタートがごく普通です。風俗業界以外の一般会社で、未経験可、学歴・経歴不問などという条件でこれだけの高収入の仕事はまずないでしょう。

実際、風俗店店長の場合、月給100万円くらいというケースも珍しくはありません。未経験から転職(就職)した男性が、1年やそこらで年収1千万円を達成することができたり、外車を乗り回すことができる…、そんなアメリカンドリーム的な出世が可能なのも風俗業界ならではです。

実力主義 成果主義

ただし一つ注意しなければならないのは、誰でも、何も努力しなくても、出世して店長になることができる訳ではない点です。中にはそういったとんでもない勘違いをする男性もいるようですが、どんな仕事でも高収入は成果の対価です。一から開業する、起業する男性に比べれば、可能性も確実性も高まりますが、店長になるにも店長で居続けたりさらに出世するにも、努力が必要です。

風俗店の店長の給料は、基本給+歩合制となっています。高収入を実現するには、自分がまかされているお店が儲かっていることがとても大事です。風俗店は商売でありビジネスです。儲かっていなければ利益がないのですから、歩合分の給与が減ります。そこがあまり支給されなければ、稼ぎは低くなります。また低い業績が続けば降格も当然ありえます。経歴不問で実力とやる気さえあれば、どの男性にもチャンスをくれる風俗業界は、成果主義です。結果を出せばどんどん出世しますし給料もいくらでも伸ばせます。逆に、実力の伴わない男性、成果が出せない男性に高い給料を払い続けるほど甘い世界ではないということです。

風俗店店長への道のり

fw_店長_2

ここまで読んで、店長になる!と心に決めたあなたに、風俗店長への道のりを解説します。

風俗店に就職または転職した男性はもれなく、まずはスタッフとして勤務します。店舗スタッフとして風俗店の日常業務をこなし、その後で昇格する形になります。

風俗店の幹部候補生とは

風俗店の男性求人を見ていると、「幹部候補生」という言葉をよく目にします。お店によってはこの幹部候補生として求人応募する方が良いかもしれません。幹部候補生自体は、最初は一般スタッフと変わらない仕事をします、

ですが、この幹部候補生というのは名前の通り、社員(店員)として働いた後速やかに店長になることを目標としている男性のための求人です。風俗店の男性スタッフには、アルバイトや中短期的に働きたいという人、開業のための資金稼ぎとノウハウ習得が目標の人もいます。そういう男性スタッフと、店長になることを目標にしているあなたとでは、心構えや仕事の仕方も変わってきて当然でしょう。求人面接の時点で、自分の「店長になる」という目標を明確にしておくことで、風俗店側の対応も変わってくる可能性が高いです。

店長になるため必要なこと

風俗店が儲かること、つまり売上アップが店長の責務ですが、店長として風俗店運営を円滑に行うには何が重要なのでしょうか。スピード出世のやり手店長などと聞くと、とにかく仕事ができる男性というイメージがあると思います。もちろんそれも大事です。しかし、実は意外な面が風俗店店長になるには必要なのです。

人間力第一

単純に作業ができるだけでは、良い店長になるには不十分です。大切なのは、人を動かすことができること風俗業界

の商品は人であり人によるサービスです。他の男性スタッフ(しかも癖のある人も少なくない)や女性キャストを上手にちゃんと動かしていくには、人望があることが不可欠です。信頼されリスペクトされ、「○○さんが言うことなら」と思われるような男性であれば、良いお店づくりができ、問題があっても乗り越えていくことができます。

風俗店の運営はワンマンではできません。対人関係が面倒という人や俺様ワンマンで何でもやれると思っているような人は、別の業種に就職するか開業を考えた方が良いでしょう。

結局まじめさが物を言う

転職してきた時点での仕事ぶりや印象が、必ずしも実際の出世につながるとは限らないのが風俗業界の面白いところです。最終的に店長になるスタッフは、調子と要領のいい男性ではなく、真面目に仕事に取り組んでいた男性が多いです。「継続は力なり」。そして人の心を動かすのは、誠意です。

早く店長になりたい…そんな男性は

fw_店長_3

1日も早く出世して店長になりたいと思っている男性は、風俗店選びについても慎重に比較検討しているであろうと思います。個人個人によってこだわるポイントや合うカラーは異なりますので、その点についてはここでは割愛します。

あえて言えば、それだけのモチベーションとガッツのある男性には、勢いがあって新店をどんどん出しているグループがお勧めです。利益が出ていなければちゃんとした新店を出すことはできません。(ダミー店や同じ嬢の使いまわしなどの振替店は除く。)また、新店がどんどんできるということはそれだけ数多くのポジションが用意されています。店長になる意志があっても、空いている店長のポジションがなければ空席待ちになってしまいます。

もちろん昇進の機会が多い会社は、転職希望者も多いです。応募する人が多いので平均的な風俗店に比べれば、競争が激しくなるのは覚悟する必要があります。

店長になるまでどれくらいかかるか

fw_店長_4

店長になるため風俗業界への就職・転職を考えている男性は、昇進までの期間はどれくらいか、知りたいのではないでしょうか。まず前提として、当然ながら、店長になるまでの期間は、その風俗店、状況、そして何よりも当人の資質や成果によってまちまちです。

早いスピードで出世する男性の場合、転職または就職して勤務開始から半年で店長になるという場合があります。半年?と驚かれるかもしれませんが、風俗業界では珍しい話ではありません。まさに実力次第で、他業界では考えられない出世が可能なのです。

店長になるまでの平均的な期間は勤続3年位というのが、風俗業界の通説です。ですが、かなりバラつきがあるのであくまで目安と考えて下さい。

またスピード派ではなくコツコツと積み上げた努力の結果、店長になる男性も多々います。大切なのは簡単に辞めないこと未経験の風俗業界に転職・就職して最初から何でもスイスイいくことはまずありません。また、どんな仕事でもそうですが、外から見て想像するほど華々しい日常でもありません。特別アピールする能力やスキルがなくても、長期間真面目に働き続ければ、確実に昇格のチャンスは増えてきます。あなたの店長になるという意志が本物であれば、「ウサギと亀」の寓話のように、腐らない怠けないくじけないことも一つの才能なのです。

まとめ

風俗店に入店して、早く店長になりたい、そして稼ぎたいと考えている男性は今がチャンスです。やる気があれば必ずあなたに合う風俗店があります。しっかりとした求人選びをして、アメリカンドリームを掴んで下さい。

fw_店長_5

 - 未分類 ,