フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

この身分証明書がないと風俗店員になれない!

   

フーワーク身分証1

風俗店員の求人へ応募しようと考えている男性の皆さん、身分証明書の準備はできていますか?風俗店でスタッフとして働くには、身分証明書が必要です。就職だけでなく、日常の様々な場面で身分証の提示が求められますが、目的によって有効な身分証の種類は微妙に異なりますよね。風俗店員として勤務する場合、どんな種類の身分証明書が必要になるのでしょうか。また風俗店の面接に持参した身分証明書の個人情報を、悪用される心配はないのかという質問についても答えていきます。

風俗店員として働くには身分証明書が必須

フーワーク身分証2

風俗店で働くには、身分証明書が必須です。店は

・本籍地

・顔写真

・氏名

・生年月日

・現住所

が分からないと、応募者を雇うことができません。

女性が風俗嬢として働くには、少なくとも18歳以上でなければならないと、法律(『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律』)で決まっています。

これは、よく知られています。男性スタッフとして働く場合も、必ず18歳以上でなくてはいけません。店には、応募者の年齢を確認する義務があります。この確認を怠り、18歳未満を働かせてしまうと、その風俗店は法律で罰せられます。具体的には、営業停止になります。店側にとっては、ものすごいリスクなんです。そのため、必ず身分証明書で年齢を確認するのです。「目の前の本人が18歳以上であること」を確認するには、「写真付きの公的証明書」が必要なのです。

また、この他にも、風俗店は従業員名簿を保管しておかなければならないと法律で定められています。別に風俗店が好きでやっている訳ではなく、義務なんです。本籍地が記載されていないと、従業員名簿が作成できません。なので、「本籍地記載の公的証明書」が必要なのです。

とはいっても、これは別に風俗店に限ったことではありません。まともな会社であれば、正社員、アルバイトを問わず、身分証明書は必要になります。風俗でも、ちゃんとしたお店になればなるほど、最初の身分証チェックは厳しくて当たり前です。

今の日本で、身分証明書を一切持たず、働いたり、家を借りたりサービスを利用したりは、できないことがほとんどなので、生活に大変な支障が出ます。もし、きちんとした身分証明書(特に写真付きの公的証明書)がない場合、これを機に、準備することを強く勧めます。

身分証明書の種類

フーワーク身分証3

時々、銀行カード、クレジットカード、学生証、公共料金の引き落とし領収書、病院の診察券(!)、ファンクラブや店の会員カード(!)などを、身分証明書として使用しようと試みる人がいますが、これはほぼ無理だと思って下さい。特に、風俗店員として働く際の身分証明書としては、使えません。「公的証明書」が必要になります。

【風俗店員の仕事を始める時に有効な公的身分証明書】

・運転免許証

・パスポート

・マイナンバーカード

・住基カード

この4つのどれかが、ベストです。ほぼどこの風俗店でも、面接の際に、持ってくる物として指定されます。指定されなかった場合は、こちらから確認しましょう。現在、この中で一番手軽に入手できるのは、マイナンバーカードです。

また、併せて住民票(3カ月以内取得、原本に限る)も要求されることがあります。住民票は居住地(住民登録している地区)の役所窓口、出張所、そしてマイナンバーカードか住基カードがあればコンビニエンスストアでも取得できます。今回の面接応募に限らず、色々と便利なので、マイナンバーカードは取得しておいた方がいいです。

健康保険証は、顔写真がなく本籍地の確認もできません。そのため、基本的にNGなので、注意して下さい。上記4つのいずれもなく、健康保険証しか身分証明書として提示できないという人の場合、住民票の取得またはマイナンバーカードなどの取得を求められます。保険証だけで働けるという風俗店があれば、逆に危険だと思います。

マイナンバーカードを取得する場合、時間がかかって面接に間に合わないなんてこともあるので、注意しましょう。身分証明書がない、用意するのに時間がかかるといった場合は、面接に先立って、応募時に店に相談して下さい。面接は先に受け、採用決定後、入社手続きをするまでに用意すればOKという場合も多々あります。くれぐれも、電話で持参する物について説明を受けた中に身分証明書が含まれていたのに、当日、面接の席で、「今、身分証明書はないです。」というのはやめましょう。印象が悪くなります。

個人情報が悪用される心配は?

フーワーク身分証4

風俗業界未経験者にとって、面接の時点で身分証明書を提示したりコピーを取られたりすることは、身分証明書や個人情報を悪用されないかと、もしかしたら不安を感じるかもしれません。これについては、届出済の合法風俗店であれば、まったく安心して大丈夫です。

一個人の個人情報をちまちま悪用するほど、暇な風俗店というのは、考えられません。風俗店というのは、1日に数十万~数百万の現金が入ってくる商売です。

また、風俗店では、個人情報は一番厳重に処理されています。風俗店員になればわかりますが、お客さんや風俗嬢の女性など、大量の個人情報を風俗店は扱います。そんな中で、個人情報漏えい事故でも起きようものなら、店にとっては死活問題です。風俗店の場合、一般の通信教育会社やタレントのファンクラブから、個人情報が漏えいした場合とは、ダメージの大きさが違います。男性従業員も身分証明書が悪用されたら困りますが、風俗嬢に応募したり働いている女性は、大変なことになります。今後、女性は集まらなくなり、女性のいない風俗店は営業できなくなります。また、お客さんもそんなことがあれば怖がります。利用してくれなくなるので、店が潰れてしまいます。

まとめ

風俗店員の面接に応募するのであれば、することは二つ

・免許証、マイナンバーカード、パスポート、住基カードのいずれかを用意する。(どれもない場合は、今後のためにもマイナンバーカードがお勧めです。)

FU-WORKから、安心できる優良店のスタッフ求人を探す。

これで決まりです!

 - 未分類 ,