フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

もし今会社が倒産しても風俗店員という道がある!

      2017/10/15

hu-wa-ku

会社倒産

自分が働いている会社が、ある日倒産したら?「そんな事ありえない」と笑い飛ばせたのは、昔の話です。今は、いつ給与やボーナスがカットされるか、リストラされたり派遣切りなどの契約終了にされるか、そして会社倒産が起きるか、分からない時代です。

あなたが勤務している会社の業績は、大丈夫ですか?どうも業績が怪しいという場合、気をつけてある程度備えておかないと、大変なことになります。会社倒産の後、再就職がうまくいかず、経済的に貧窮し借金、そして自己破産なんていう転落パターンも、ざらにあります。また、できることなら、会社倒産してから慌てて就職先を探すのではなく、その前に余裕を持って転職先を探すことができれば、なお良いでしょう。

とはいっても、大抵の人にとって、会社倒産による失業は不測の緊急事態です。そういう時に、転職先として風俗店員の仕事はどうなのか。実は、勤めていた会社が倒産したり、経営していた店が潰れてしまい、その後、再就職先として風俗店を選んだスタッフの数は、多いです。

緊急事態!会社倒産!

フーワーク体験記4

ある日、自分が勤めていた会社や店が潰れたとします。あなたはどうしますか?何から手をつけますか?そして、どんな問題が発生するでしょう?ちょっと想像がつかないのではないでしょうか。

まず、その倒産した会社がきちんとした責任感のある会社の場合は、様々な手続きや再就職が比較的スムーズにいきます。ですが、そうではないケースも多いです。ある日突然会社倒産の憂き目に合う時点で、責任ある処遇は期待できないわけです。いい例が、社長が夜逃げしたなどというパターンです。

正社員として、長期勤務していたのであれば、少なくとも雇用保険に加入しているはずですので、まだましです。ですが、バイトなどの非正規雇用だった場合、雇用保険すらないこともあります。会社倒産の場合、給料未払いなどが発生することも考えられます。そうなると、早急に次の就職先を探さないことには、生活できません。

因みに、給料未払いで貯蓄もなく、手持ちのお金が尽きてしまったらどうするのか?一般的に思いつくのは、身内か金融機関かはさておき「借金」「生活保護」ではないかと思います。

実はそこまでいく前に、こうした緊急の場合には、自治体の緊急小口貸金貸付という制度があります。もちろん、こうした5万~10万円程度のお金はすぐに底をつきますので、再就職はできるだけ早い方がいいです。就職したからといっても、給料日までは日数もありますから、ボヤボヤしている暇はありません。生活費がなくて借金をすることになれば、高い利子も含め返済に追われることになりますし、無収入の状態で「まだ借りられる」と借金で暮らすとあっという間に負債がかさみ、ここを始まりとして、多重債務や自己破産に至った人もいます。しかし、ここで焦り過ぎてしまうと、ブラック企業に就職してしまったり、さらに事態を悪化させてしまうので注意が必要です。

風俗店員として働くと生活の安定が早い

fw_フリーター_1

風俗店員が会社倒産時の再就職先として良い点は、会社倒産で混乱した生活を、すぐに安定させられることです。風俗店では働くスタッフのために、様々な待遇を用意しています。

例えば、給与は当初は日払いをしてもらうことが可能です。就職する前に、失業期間があったり借金があったりして経済的に困っている新人スタッフもいるので、大抵の風俗店では給与日払の相談に応じてくれます。これでまず、最低限の生活をしていくための現金が確保できます。

また、スタッフのために独身社員寮などが用意されており、今現在住む場所に困っていても何とかなります。即日入居も可能ですし、できない場合でも店舗(事務所)に宿泊することができたり、何かしら相談にのってもらえます。食事をするための現金と住む家が確保できれば、再スタートが切れます。

更に、風俗店スタッフの仕事の特徴は一般企業に比べ、研修期間が短く、昇格・昇給のスピードも速いことです。本採用前の研修期間が1か月だけという風俗店は、少なくありません。一般企業は研修期間が3か月間であるケースが多いです。このため、早く高収入の給与をもらえます。風俗スタッフの求人を見ると、未経験新人スタッフで月の給与が30万円スタートといったように、一般企業に比べかなりの高待遇なことがわかります。

風俗店は転職者に広く門戸を開いている

そして風俗店は、転職者の多い(というより、ほとんどの風俗店員が転職組です。)業界なので、年齢や前歴を問わず、どんどん仕事を任せ、成果で評価するという能力主義・実力主義をとっています。

会社倒産の憂き目に遭い、一番困るのは中高年齢層です。知人や仕事関係の人脈で転職先に繋がらない場合、就職先を探すのはかなり難しく、見つかっても、かなり条件の悪い仕事であることがほとんどです。給与面でも満足できるものではありません。風俗店員の仕事は確かに、バイタリティやフットワークの軽さが求められる面があります。しかし、やる気さえあれば、年齢だけで採用を見送るなどということはありません。

また、学歴・経歴・資格・経験の有無も不問ですので、風俗業界未経験にとどまらず、サービス業未経験・ナイトワーク業界未経験で転職してきたスタッフも、珍しくありません。

これだけ広く門戸を開いていますが、昇進・昇給の機会が多いため、やる気と能力さえあれば、転職から1年で店長マネージャーなどの役職に昇格することができます。そうして、月給与50万円~100万円を達成している風俗スタッフは珍しくありません。

まとめ

人生、何が起こるかわかりません。自分の力では防ぐことのできない危機が起こることもあります。その一つが、会社倒産でしょう。会社倒産という緊急事態(ある意味人生の災害)を機に、借金・自己破産など転落の人生を送るか、逆に飛躍のチャンスにするか、これはあなた次第です。会社倒産が起きて本当に困っている人の再就職先として、風俗店員はセーフティネット的な役割を果たすだけでなく、人生立て直しと逆転のチャンスまで与えてくれます。

 - 未分類 ,