フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

風俗店員の求人ならタトゥーがあっても応募可!

   

フーワークタトゥー

一時期、日本の社会もタトゥーや和彫りなど入れ墨に関して随分寛容になったなと感じたものですが、最近はまた大変厳しい目を向けられるようになった気がします。プール、銭湯、サウナなど、タトゥーの類が入っていれば利用を断られる場所もたくさんあります。また数年前に大阪の橋下市長(当時)が、入れ墨の入っている職員(公務員)の勤務を禁止しようとしたこともありました。

タトゥーや和彫りなどを入れていると、採用されない職場があるのは事実です。風俗業界はかなり昔は裏家業といおうかアングラな業界でしたから、タトゥーや和彫りなど問題になりませんでした。ですが昨今の風俗業界は健全化し、一般の企業と同じようになっています。それどころかブラック企業と呼ばれるような企業よりずっと真面目で健全です。

この記事では「タトゥーまたは和彫りが入っている自分が、風俗店員の求人に応募して果たして採用されるのか」という男性の疑問に答えます。

採用される可能性は十分ある

fw_風俗面接1

すっかり健全化した風俗業界ですが、変わらない点があります。それは「実力主義」だということです。風俗業界(風俗店員)の求人採用・昇進は、基本的に年齢・経歴・学歴一切不問です。やる気とバイタリティーがありモチベーションが高いか、能力があり成果を出せるか、これがほぼすべてです。

風俗業界ではその人を過去で判断し差別したりしません。以前は相当ヤンチャで色々やらかした人でも、現在は実に真面目に生きているという場合、ほとんど問題になることはないでしょう。タトゥーなどが入っていても、入れた時期は過去なわけです。現在きちんとしていて、常識や良識があり仕事に支障がなければ、遊び半分で入れたタトゥーも立派な和彫りも問題視されない可能性が高いです。なので採用される可能性は十分あります

また採用されてしまえば、風俗のスタッフは皆同じスタートで同じようにチャンスが与えられます。実力さえあれば、昇進などの面でタトゥーが大きなハンデになることもありません。現に私が勤務していた大手デリヘル風俗グループには、短期間で店員→副店長→店長→エリア統括と昇進していったスタッフがいましたが、彼はなんと腕だけでなく手首辺りまでタトゥーが入っていました。

タトゥーがある風俗店員が気をつけるべきこと

接客業-男性-写真

人は見た目ではありませんが、人は往々にして見た目で判断します。わざわざ他人に不安感を抱かせるようなことをするのは、社会人としても接客業のスタッフとしてもNGです。風俗業界未経験・初心者の女性がタトゥーや入れ墨見たらどう感じるか?面接に来た女性がどう感じるか?昨今の風俗嬢は、大学生やOLなど「普通の女性」が増えていますから、「あっちの世界の人?」と怖がってしまう可能性が高いです。あるいは店舗型や受付型風俗店の店員のタトゥーや和彫りが露出していたら、一般のお客さんは不安・不信を感じます。

・シャツから透けて見えないよう気を配る: 下着を着る、薄手の白シャツは避ける、上からしっかりスーツのジャケットなどを着るなど

・暑い日につい袖まくりしてしまわないよう注意する

といった周りの目に触れさせない配慮が必須です。デリヘル型風俗の場合は、お客さんと顔を合わせて接客することがありません。電話での対応のみになります。しかしデリヘルスタッフも女性とは直接関わるのですから、やはりタトゥーは隠すのが基本です。

もちろんその風俗店によって規律やルールは異なりますので、中にはこれほど厳格でない職場もあるかもしれません。最低限でも自分の働く店の規律は守り、それ以上に注意して隠すくらいの心構えをしておけば良いと思います。

先に挙げたタトゥーのあるデリヘルスタッフは、最短で店長に昇進しました。その店は働く女性の年齢層もそれほど若くなく、少数でしたがワンポイントタトゥーなどを入れている女性もいました。それでも彼は、いつも長袖でした。他のスタッフが病気になり、休日に慌てて出勤してきた時も店泊する羽目になった時も、長袖でした。(さすがに飛んで来た時はスーツではなくジャージでしたが…)後日、尋ねてみたところ、そういう場合(タトゥーを見せてはいけない場合)に備えて、車に上着を置いているとの話でした。

必ず面接時に申告する

風俗店員の求人に応募し面接を受ける際に、タトゥーや入れ墨がある旨を必ず申告して下さい。その時に言わず、後から話したり見つかるまで知らんふりをするなどという態度は、印象がとても悪いです。後々ばれた場合は、良い顔をされないと思って下さい。

面接できちんと話しておけば、しっかり隠れるよう長袖の服を着るようにといった指示を受けるだけで、それをきちんと守れば問題ありません。案外、面接担当の店長から「うちにも一人タトゥーのあるスタッフがいるから大丈夫ですよ。」などと温かい言葉をかけられる可能性もあります。自分に何らかのハンディになり得る点があるのなら、より厳格に誠意ある態度を心がけるのが得策です。

まとめ

風俗業界も健全化しているので、タトゥーのようにアウトロー的な特徴は歓迎はされません。ですが現在の生き方がちゃんとしていれば、それが大きなマイナスポイントにはならないので、安心して応募して下さい。他の多くの業界よりははるかに、タトゥーのある人でも働きやすいのが風俗店員としての仕事です。偏見を受けない業界で、あなたの能力・実力を存分に発揮し、スタッフから店長へと昇進・昇給していきましょう。

 

 - 未分類 ,