フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

男性の目標は年収600万!風俗スタッフなら成功できる!

      2017/12/06

フーワーク600万

年収600万円の仕事と聞いて、どう思いますか?現在の日本の一般社会では、年収600万円以上が1つの成功ラインだと言われています。まずは年収600万円を目指したいという男性も多いのではないでしょうか。現在の職業で年収600万円に到達し満足している男性は、この記事を読まなくて結構です。もしあなたが、年収600万円を稼げる仕事に転職したいと考えているのなら、それほど難しくなく実現できる職種があります。それは風俗スタッフです。

年収600万円は幸福境界ポイント

fw_店長_5

年収600万円がどういう数字か知っていますか?今の日本の社会で、人並み以上に成功しているとみなされる年収が600万円なんです。

また年収600万円は幸福境界ポイントなのです。どういうことかというと、年収600万円になると幸福度はぐっと最大値に近づき、年収600万円~700万円を境界にそれ以上収入が上がっても幸福度は上がりにくいという調査結果があります。収入と幸福度は必ずしも完全比例しないということです。

さらに世の女性達が、結婚・交際相手の男性に求める理想の年収も600万円なのです。年収600円ならそこそこの生活もでき、貯金もでき、妻子と共に安定・安心した家庭が築けるということなのでしょう。

極めて難易度が高い年収600万円

電話対応をしている男性

是非実現させたい年収600万円ですが、実はそう簡単ではありません。かなり昔、景気の良かった頃には当たり前のように年収500万円、理想は年収1,000万円などといわれた時代もありましたが、現在の日本の社会で年収600万円は「狭き門」です。

30代で全体の10%以下、20代後後半になると4%と極めて少数派になります。40代以上でも、半数以上の男性が年収600万円以下です。一般社会で年収600万円以上の職種というと、それなりの企業で役職者か、あるいは特殊技能を持つ専門職なのです。

参考のため、高収入と言われる職種の平均年収をいくつか挙げてみます。年収600万円が相当な高収入であることが分かるのではないでしょうか。

SE (平均年齢36歳) 530万円

一級建築士(平均年齢50歳) 580万円

弁護士 640万円

歯科医師 670万円

国税庁の発表では全体の平均年収は約510万円ということになっていますが、ここには官庁のエリートや実業家など富裕層も含まれていますし、全年齢の平均年収ですので40代、50代の人も含まれます。決して中央値でもなければ普通の男性の年収でもないことに注意が必要です。詳しく調べていくと、男女問わず非正規雇用者の平均年収は170万円にさえ満たないという結果も出ています。170万円とまでいかなくても、年収200万円台では、貯金もできないし結婚・子育てや老後にも不安しかありません。まさにワープアです。

風俗業界で年収600万円はよくある話

fw_ブラック_3

ほとんどの転職希望者にとって、今さら上記で挙げたような国家資格を取得したり、官公庁や大企業のエリートになるなんて、非現実的な話です。ところが、学歴・経歴・資格・年齢に関係なく、ほとんど誰でも年収600万円を当たり前に目指せる職種があるのです。これだけ聞いたら眉唾モノの胡散臭い話だと思うかもしれませんが、それが風俗店に勤務する風俗スタッフだといえば、風俗業界の勤務経験がない人でもなんとなく納得できるのではないでしょうか。

風俗業界では、年収600万円の風俗スタッフなど珍しくありません。マネージャーや店長クラスになれば、年収600万円~700万円という人がゴロゴロいます。普通です。飛び抜けて成果を出している風俗スタッフなら、実際もっと稼いでいます。

風俗スタッフの年収は、一般の職種に比べてかなり高いです。初任給で25万円~30万円スタートが普通です。また人間がいる限りなくなることのない業種でありながら、常に人手不足のため、すぐに給料が上がったり、手当や歩合がつきます。そうすると月収50万円、つまり年収600万円が見えてきます。

店長クラスに昇進するなんてかなり年月がかかるのではないかと、風俗業界未経験の男性は思うかもしれませんが、最短なら1年くらいです。一般の企業ではあり得ないスピードです。そこまでスピード昇進する風俗スタッフでなくても、多くのスタッフがせいぜい3年くらいでそのポジションに到達します。

風俗業界は実力主義ですので、経験の有無・経歴・学歴・年齢などは不問です。求められるのは一にやる気、二にやる気、三四がなくて、五は…体力はまああった方が得ではあります。と言っても現在風俗店の大多数を占めるデリヘルなどの風俗スタッフの仕事は、決して肉体労働でもハードワークでもありません。ブラック企業は言わずもがな、一般のサービス業よりかなり体の面では楽です。仕事内容も、決して特殊な技能が要求されるような難しいものではありません。

まとめ

風俗業界で風俗スタッフとして働けば、年収600万円を稼ぐことは十分可能です。世間では相当難しいゴールに、ずっと簡単に到達できる方法が風俗店勤務です。今まで風俗業界で勤務経験のない人も、一度検討してみてはどうでしょうか。

 - 未分類 , ,