フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

風俗は究極のサービス業で最速で成長できる仕事!他とはココが違う!

   

フーワークココチガ

風俗業界は業種でいうとサービス業になります。単純に考えると、風俗嬢がお客様を接客するからサービス業。これは分かり易いですね。ですが「風俗は究極のサービス業」という言葉を聞くと、良く解らなかったり違和感を感じた人もいるのではないでしょうか。世間一般では「裸の付き合いだから」「性欲は人間の三大欲求のひとつだから」「シモの世話までする仕事だから」と様々な解釈がされていますが、実際風俗業界で真剣に働き続けてみるとそういう意味ではなく、文字通り、風俗はサービス業の中のサービス業なのだと気付かされます。

風俗業界未経験の男性に「風俗は究極のサービス業」だということについて知って頂きたいと思い、この記事では風俗業界とはどのようなサービス業なのかについて、他のサービス業との違い、風俗店運営に必要なスキル、この仕事で成長できる部分の解説を織り交ぜながら説明します。

風俗はサービス業の中でも難しい

fw_ブラック_3

私は風俗業界に転職するまでに、飲食業をはじめとしたいくつかのサービス業に従事してきました。「接客経験あり」「人と接するのは得意」「サービス業向き」と自認していた私が、風俗スタッフの仕事を始めて感じたのは、風俗という仕事は本気でやれば一般のサービス業よりも難しいということです。

最低限の仕事をこなすことはマニュアルさえあればできますが、売るものが風俗嬢という人でありそのサービスという形のないものなので、より良い結果を出そうとすると常に試行錯誤・探求の繰り返しなのです。

もちろんその努力や苦労は、収入面や昇進で十分過ぎるほど報われます。そして他のサービス業よりはるかに難しい仕事を前向きにこなした結果、転職前よりはるかに知性と想像力が磨かれたと断言することができます。

風俗の仕事で求められる能力・スキルとは

MacBookを持つ人

既に述べましたが、風俗という仕事は売りたい商品が「モノ」ではありません。究極な事を言えば、物を売るのであれば出来の良い商品さえ作りだすことができれば勝ったも同然です。その性能や優れている点を分かり易く表示しておけば、消費者は買ってくれます。

ところが風俗の商品は女性自身であり、お客様がその女性と一緒に過ごす時間です。そのため女性が10人いれば10種類の異なる商品です。しかもお客様ごとに当然好みも性格も違います。そうなるとお客様と女性の組み合わせによって、こちらが提案する時の説明が全て変わってくるんです。

もちろん常連のお客様以外、こちらには情報がありません。デリヘルなど無店舗型風俗の電話受付では顔・表情・姿・身なり…何も分かりません。お客様の話し方や声のトーンなどを聞いて「どんな人なのかを可能な限り判断して、そのお客さんにとって魅力的に聞こえる提案をする」事が必要です。このスキルによって、店の売上が決まり、さらには店側が接客させたい女の子に接客させられる率が変わってきます。(成約率)

風俗のこの部分は他のサービス業と大きく違っている点です。

お客様が風俗嬢の写真やプロフィールだけで判断していても、実際に満足できる(そのお客様と合う)可能性が低いかもしれません。お客様自身、どういう女性が好ましいのか曖昧な場合もあります。店としてはリピートさせられる優良な風俗嬢に多く接客して欲しいという気持ちがありますが、そうでない女性にもある程度仕事をつけてあげる必要があります。

質問の仕方・提案の仕方で、結果が大きく変わります。成約率は高く!トラブルは少なく!お客様の満足度は大きく!ここを日々探求できるかどうかが風俗スタッフ個人の成長に大きな差を生み出します。会話能力を磨くことが必須ですし、嫌でも磨かれます。

例えばよくある「清楚な女の子をお客様にお勧めするケース」。「清楚」だけでは漠然としていますよね。一口に清楚といっても、幼い清楚・おとなしい清楚・まじめな清楚・愛嬌ある清楚・お嬢様風清楚・しっかり者の清楚…様々です。お客様の中にも「清楚って何?どういうのが清楚?」と仰る方がいます。

ではここで、清楚な女の子を他の表現で表してみて下さい。

・(業界完全未経験・素人の)ピュアな女の子です→男をあまり知らないのだろうな

・(まだ若くて素朴な)世慣れしていない女の子です→スレていないんだな

・純粋な女の子です→優しくしたら付き合えるかもしれない

・無垢な女の子です→入店して間がないのか…風俗は初めてかな

・裏表のない女の子です→この子なら僕を馬鹿にしたりしないだろう…安心できるな

上記はあくまで一例ですが、こういう言い回しを清楚という言葉と併せて使うことで、お客様に想像して欲しい女の子像をこちら側でコントロールし、好ましいタイプの女の子だと思わせ、「それならその子で…」という風に誘導することができます。心理学的な一面を持ちますが、こういった探求心がボキャブラリー力を高めてくれます。

因みにこの「豊かなボキャブラリーで相手の求めているものに近い提案ができる」というスキルはそのまま、風俗嬢の女の子をマネジメントする時にも役立ちます。何かを説明する時、何かを説得する時、距離を縮めたい時、シフトを増やして欲しいなど何かお願いをする時…いろんな時に大いに役立ちます。誰だって自分の気持ちや求めているものに近い提案をしてもらった方が、受け入れやすいものです。

そして風俗スタッフの仕事上だけでなく、私生活でもこのスキルは重宝しますよ。下世話な話で恐縮ですが、このスキルを伸ばしてからというもの、女性を誘って断られることや妻との交渉(喧嘩になった時も含む)でうまくいかないことが極端に減りました(笑)

磨かれるのは知性と想像力

出世競争

では風俗スタッフとして日々成長を心がけて仕事する中で、私のどんな能力が磨かれたのでしょうか。無意味な謙遜は抜きにして率直に言うと、知性と想像力が磨かれたということです。知性という言葉は普段あまり使わないので誤解されるかもしれませんね。「自分で【知性】が高いとか言っちゃって…」と鼻白まないで下さい(笑)

【知性】とは

物事を知り、考えたり判断したりする能力です。

人間なら誰でも持っている能力です。皆今まで生きてきた中でいろんなことを経験したり見聞きして知っていますし、絶えず意識的・無意識的に考えていますし、何かする時は必ず判断しています。

【想像力】とは

知識と経験を元に、まだ目に見えない確認できていない事柄を想像する力です。

これも何かを判断する時には絶対必要な能力です。想像力が豊かであればあるほど、いろんな可能性や計画を思いつくことができるし、リスクヘッジもできます。「よく気がつく人」「気遣いができる人」というのはまさに他者への想像力がある人ですから、知的な思いやり=想像力と言えるかもしれません。

実はこの「想像力」や「共感力(相手の気持ちを想像できる能力)」が、人間とロボットの最大の違いです。最近人工知能が何かと話題になっていますよね。合理的で理論的な記憶力(データ量)や判断力(正確さ・スピード)では、もはや人間より人工知能の方が上です。人に物を尋ねるよりGoogleに質問した方が早いです。ですが人工知能の研究がこれだけ進んでも乗り越えられない人間との差異が、想像力なんです。単純作業やマニュアル的な書類作成はどんどんロボットに置き換えられ、今世の中にある仕事は減っていくと言われていますが、こんな時代だからこそ想像力に支えられた人間らしい知性はとても重要な能力なのです。

風俗業の高収入ももちろん魅力的ですが、この業界で仕事をする最大のメリットは、この知性と想像力という2つの大切な能力が磨かれることです。

サービス業のプロに自己卑下は不要

必要とされるビジネススキル

人間の三大欲求である食欲・性欲・睡眠欲。このうちのひとつである性欲を満たす風俗業は、社会に絶対不可欠です。にもかかわらず風俗の仕事に偏見を抱く人は多いです。「どうせ人から偏見を持たれている仕事だから…」「誰でもできる、誰もやりたがらない仕事だから…」と自分で自分を見下して腐っている風俗スタッフは成長できません。逆に究極のサービス業としてお客様へどう向き合っていくかを探求できる人は、一般の会社では考えられないくらいのものすごいスピードで成長していくことができます

万年人手不足の業界です。学歴・経歴も不問です。基本的に、入社時点で求められる特別な能力・スキル・資格はありません。あえて言うならば、やる気・最低限のコミュニケーション能力、この2つが必要です。

最後に

風俗という仕事は本気で探求すればすごく面白くて、めちゃくちゃ成長できます。一人でも多くの男性がこの事実を知ってくれたらと願っています。

 

 - 未分類