フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

現在年収700万円!やる気があればあなたも風俗店長になれる!

   

フーワーク700

風俗業界への転職を考えている男性の皆さん、こんにちは。

風俗店・風俗会社に就職すると、殆どの男性が最初は店舗スタッフになります。そしてまず目指すのが風俗店長です。風俗店長として一店舗を任されると責任が大きくなるので仕事上の大変さは増しますが、同時に年収も大幅にアップし、世間一般の平均年収と比べても勝ち組の仲間入りを果たします。

・風俗店長の年収

・どれくらいで風俗店長になれるのか

・どれくらい仕事は大変なのか

・自分でも出来そうか

風俗業界に転職する前にはこういった事が非常に気になりますが、なかなか具体的な事はわからないのが実際のところです。

今日は、この業界へ転職し、実際に風俗店長として仕事し年収700万円を得ているある男性(私ですが)のリアルな体験を皆さんにお話したいと思います。風俗店長を目指したり風俗店長として仕事をしていく上でのメリット・デメリットそれぞれ本当のところを伝えますので、この記事を読めば進むか退くか決心が着きますよ。

まずは自己紹介

フーワーク借金3

申し遅れました。私、金田(仮名)は29歳で、自動車整備士の仕事を辞め風俗業界へ転職することを決意しました。高校を卒業してから約10年間車を扱う仕事をしてきましたが、ハッキリ言って待遇は悪いです。きつい汚い危険な仕事だというのは皆さんのイメージ通りですが、それに加えて給料が安いです。入社1年目の手取り給料は13万円、8年目の手取り給料16万円…この辺りからですね、自分が転職を考えだしたのは。20代も後半に入り、車が好きだからというだけで続けられる年齢ではなくなってきたんです。

デリヘル店へ店舗スタッフとして入社

fw_後_1

色々考えた末にやっと転職した時には29歳になっていました。30歳を前に今変わらないとずっとこのままだと思い、重い腰を上げたわけです。選んだのは東京都内にある中規模の風俗店、業種はデリヘルです。

風俗店員の求人を見るとお解りのように、今の風俗店は半数以上がデリヘルタイプ(無店舗型)です。店舗型風俗店は法律の規制が厳しいこともあり、減少傾向です。風俗業界で仕事をするのは初めてですし、これから先のことも考えました。そうすると最も一般的でこれからも多数派を占めるデリヘルで働くのが、王道だと判断しました。

入社~3カ月

fw_高卒_3

実は求人に勤務時間は書かれていなかったんです。それまでの自動車整備工場の仕事は定時の17時で終業でした。それは仕事がないというより、残業手当などが出ないので時間外労働はしないだけなんですが、作業ミスをすると自腹になるし根を詰めて仕事したくないというのもありましたね。

実際デリヘルで働いたら1日14時間労働でびっくりしました…。思っていたよりも色々とすることが多く、全部終えて気づいたら1日が終わっていた感じです。最初の月末に改めてタイムカードの労働時間数を見て「俺、めちゃくちゃ働いてるわあ…」と実感しました。

ただ月給がいきなり30万円スタートだったんですよ。今までの倍近い給料ですから、仕事の時間が長くても当然だとは思えました。しかも日払いをお願いすることができたので毎日収入があり、前職を辞めてから空き期間があった自分はとても助かりました。(もちろん前職の安月給では貯蓄なんてほぼありませんでしたから)

しかもデリヘルの仕事は座ってする事務的な作業が多くて、体は全然キツくないです。3Kワークから転職した自分にとって、体力的にはとても楽な仕事でした。ではダラダラしていたかというと、そうではありません。先にも述べたようにとにかくやることが多い…電話は定期的に鳴るし重なったりもする。合間に女の子や他のスタッフから声をかけられ、雑務もあれこれ発生する…退屈している時間なんてほぼなくて、慣れていないのもあるんですが結構タイトな感じで1日が流れていきました。

3カ月目

準備をする男性

転職する時に、風俗業界への不信感がなかったと言えば嘘になります。ずっとブルーカラーの仕事をしてきたので、パソコン作業や事務作業なんてできるのかと自分の能力に対して不安もありました。大変でもとにかく3カ月はやる気を出して頑張ってみようと決めて、この仕事を始めました。

3カ月続けた実感として…最初の1か月半は割としんどいと思います。どんな仕事でもどんな職場でも最初はそうですが、風俗業界やサービス業が未経験の人なら尚更です。私が一番つらかったのは、そこではないんですが…労働時間が長過ぎて睡眠時間が短くなったんですよね。自動車整備士の頃は17時終業で、しょっちゅう遊びに行くほどお金もないし、下手すると9時間位寝てましたから…デリヘルスタッフになって睡眠時間が短くなって6-7時間しか寝れないし、シフトで夜働くこともあるので、それに慣れるまでは大変でした。でも友達に話しても笑われるだけだったのでこの感覚は一般的じゃないのかもしれません。

給料は前職よりも7万円以上アップしました。いきなり7万円以上アップしても、今のところ時間的な余裕も気持ちの余裕もまだないので、遊びに行ったり使ったりしないんですよね。はっきり言って余ります。いつ財布を見ても十分お金があるっていいもんですね。

仕事内容については、難しいことは何もありませんでした。やる気があってまじめに取り組めば、誰でもできる仕事です。自分で言うのも何ですが、そこそこ仕事をこなせましたし、周りを見てもずば抜けて能力が高いと思う人もいなかったし、このまま継続すればいつかは店長になれるかもしれないと思いました。

何しろ店長の求人(経験者)は月給50万円以上でしたから、チャンスがあれば是非なりたいとは思っていましたね。

10か月経過

しれっと歩く男性

気付くと1年経たずして主任に昇格していました。私より上の役職は店長と副店長だけという状態に…。同じくらいの時期に他にも4人ほど入社して、研修で顔を合わせたりしていたんですがみんな辞めてしまっていました。風俗業界の離職率は高いって本当なんだなと思いましたね。

ただ辞めてしまうスタッフには理由があります。私なりの分析ですが

同じ失敗を何度も繰り返して、何回も怒られていたスタッフ(繰り返さないようにする工夫や努力がなかった

・仕事が「トロい」(かなり)、言っちゃ悪いが「抜けている」(任せられない)、天然系(天然がかわいらしいのは女子だけ)と能力が明らかに普通より低い

女の子と業務的な会話しかできない(女の子が心を開かない…この仕事はやはり女の子・お客さんとコミュニケーションが取れてこそうまくいきます)

更にこういう人の中でも、良く言えば「自覚のある人」が耐えられなくて辞めていきました。周りと比べてできない自分が嫌になって…そこでできるように人一倍努力をした人や、工夫した人は継続して後にチャンスをつかんでいる場合も、結構あります。です能力が低い上に「できない自分」に耐えられない人の場合、風俗スタッフに限らず大抵の仕事で継続するのは大変なんだろうと思います。

風俗店長を目指して風俗スタッフとして入社してくる男性の多くは、やはり高い年収に惹かれてやってきています。実際、風俗店のスタッフとしての仕事は難しくはありません。ですがやはり仕事ですから「そこそこ」の成果は求められます

しっかりやろうとして、実際に結果を出さないと高い評価=昇給・昇格はされません。考えてみれば当たり前のことです。風俗の求人の多くで「成果主義」「実力主義」という謳い文句を目にするのはこの辺が理由なのかもしれませんね。

2年経過…風俗店長に

fw_風俗面接3

入社から2年が経った頃、当時の店長が独立することになり退職しました。順番からいけば副店長が店長に昇格するのですが、それまでの業績などから幸いにも私の方が適任だと会社に判断され、晴れて風俗店長になりました。風俗業界は能力主義なので、年功序列ではありません。経験・未経験、転職者・新卒入社(ほとんどいません)、年齢などに関係なく平等にチャンスが与えられます。私のようなケースも多々あります。

風俗店長になってから、基本の給料が月収50万円。それに加え業績歩合(インセンティブ)がつきます。業績歩合は目標達成した率で決まるので、明確・平等ですしやる気の源になります。歩合分の給料がどれくらいあるかというと、良い時で30万円くらいです。もちろん全然目標達成できなければその月は歩合分の収入はありません。それでも基本給の50万円は保証されています。かなりの高待遇だと自分でも思います。私の会社では目標は高く設定されているので、年間12カ月のうち目標達成できない月の方が多いです。それでも12カ月のうち4回は達成できるので、現在の年収は700万円ちょっとです。

そうなんです。私は特に能力が高いわけでも優秀でもありません。ただ「やる気」と「継続する根気」はありましたし、今もあります。例えば自分があまり得意ではない業務もあります。そういうもので壁にぶつかったとしても、すぐにやる気をなくし諦めたりはしません。なんとか「できるように試行錯誤し」腐らず「続ける」、それが本当の「やる気」だと思います。

この「やる気」があり継続できれば、誰でもできないことはないのが風俗の仕事内容です。今自分がもらっている年収700万円(正確には600万円~700万円くらい)が、風俗店長としての標準的な年収です。ですがさらにやる気を継続していけば、誰でも年収1000万円を獲得できるチャンスがあります。

最後に

年収700万円を高いと思うか足りないと思うかは人それぞれですが、世間一般の多くの仕事と比較して、平等に誰にでも、ものすごくチャンスがあるのは確かです。これまでの経歴や現時点での能力に関係なく、本当に頑張ったらちゃんと見返りがあります。これだけでも今の世の中では、大変なチャンスに恵まれている仕事と言えるでしょう。

やる気やちゃんと頑張る=やることが大前提ですが、ある程度仕事ができれば、誰でも風俗店長まで登れるのが風俗業界です。風俗店長になれば、特に能力が高くなくても年収700万円が可能です!

 - 未分類 ,