フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

ズバリ!風俗業界に対する周囲の目はどうなのか

      2021/02/09

ズバリ!風俗業界に対する周囲の目はどうなのか

風俗業界は高収入なので、転職を考える男性は少なくありません。

特に昨今のように、転職が当たり前で、それなりに有名な会社や大手で働こうが

  • 倒産
  • リストラ
  • ボーナスカット
  • ブラック

などが当たり前にはびこるようでは、知名度やブランドより、高収入という実のある仕事や会社を選ぶ人が増えるのは当然だと言えます。

特に「何があろうとなくなることはない」職種や業界の一つが、風俗業界です。

医療、食住と同じ位、いやもしかしたらそれ以上に、性を満たす産業は不況でも生き残ります。

何しろ、食欲、睡眠欲と並んで、人間の三大欲ですからね。

ただ転職に際してどうしても気になるのが、社会の目や周囲の目です。

自分自身は、風俗業界の条件の良さに強く惹かれていたり、風俗業界に偏見などなくても、やはり世間体は気になるものです。

ズバリ、風俗業界に対する世間の目はどうなのか。

先入観や差別から受けるデメリットはあるのか。

そして気になる「社会的信用」が、ローンやクレジット審査にどう影響するのか。

また実際に風俗業界で働いている男性の声。

を紹介します。

風俗業界で働くスタッフに向けられる先入観や偏見について

風俗業界で働くスタッフに向けられる先入観や偏見について

風俗業界で働いていることを、親、妻などの家族に打ち明けていない男性は約半数いると言われています。

身近な家族にさえバレないよう秘密にしているくらいですから、友人、近所、親戚などは勿論、他人には隠しておきたいと考えている人のほうが多いです。

風俗業界は別に違法なことをしているわけではありませんし、社会に不可欠な産業です。

風俗業界が完全になくなったら、むしろ困る人がたくさんいます。

ですが

性=いやらしいもの

という古い考えや

職業に貴賤を付けたい

人間心理から

少なからず偏見はあります。

また昔の風俗のイメージで、反社会的勢力や人身売買と結び付けて考えたり、風俗を売春と同一視するような人もいます。

考え方が古い、狭いと思うのですが、世の中にはそういった古い、狭い考えを頑として変えない人がたくさんいるのも事実です。

その他にも、高収入であるが故に、僻まれる側面も正直あります。

他に仕事がなかったんだな、やむなく風俗業界を選んだんだなと揶揄するような人に限って、低収入で将来性のない仕事や職場にくすぶっていることも少なくありません。

先入観や偏見から実際に何か嫌な思いや差別などを受けることがあるのか

先入観や偏見から実際に何か嫌な思いや差別などを受けることがあるのか

風俗業界に限らず、例えば親世代や祖父母世代から見て

世間に聞こえのいい仕事

それ以外は大抵何かしら言われます。

ざっと思いつくところを挙げるだけで

介護士、保父、建築関係、工場、飲食店(特にお酒を扱う店)、美容師、配送業者、タクシー運転手、清掃業、食肉業、スーパーなどの小売業…まだまだあります。

誰かしら何かしら偏見を持って悪口を言っています。

それどころか、ここでは書くのも憚られるような酷い蔑称が、公務員、警察官、教師、医師などにまで付けられるくらいです。

なので風俗業界だけが…というわけではないのですが、やはり陰口を叩く人はいるでしょう。

どういうエリアに住んでどういう人達と付き合っているかにもよりますが、風俗店で働いていると知ると距離を置く人もいないとは言えません。

例えば

◇田舎の親戚など身内に非難される

◇彼女の両親に結婚を反対される

◇友人や同級生などの集まりで、もし風俗店で店員として働いていると言ったら、気まずい沈黙になる

といったことはあり得ます。

いわゆるエリートの集まりでは、風俗店勤務どころか風俗の話自体が顰蹙ものでしょうからね(汗)

それ以外の場でも無礼な人や偏見の強い人はいますが、赤の他人に自分の勤務している会社の業務内容を詳しく言う必要自体がないのではないでしょうか。

ネットで匿名で、偏見や差別を剥き出しにしているような書き込みを見かけますが、実社会で露骨にそれを目にすることは稀です。

ローンやクレジット審査ってどうなるかについて

ローンやクレジット審査ってどうなるかについて

もう一つ気になるのが、ローンやクレジットの審査です。

今後、マイホームを買いたい、車を買いたいと計画している人もいるでしょう。

よくホスト、ホステス、キャバ嬢、風俗嬢などが、ローンやクレジットの審査に通らないという話を聞きますので、自分達も落ちるのではと心配になりますね。

今時、全て現金一括払い、クレジットカードを1枚も持たないというのは、なかなか現実的ではありません。

海外旅行さえ行きにくいし、ネットの様々なサービスも使いにくくなってしまいますよね。

勿論、実際には、借金の類が嫌いだったり、過去に破産宣告を受けるなどして、そういう現金生活の人達もいます。

風俗業界で働いている男性に聞くと、次のような意見がありました。

Aさん

転職前に既に持っていたクレジットカードを今も利用している。

Bさん

働いている風俗店が大きなグループ会社で、多角経営している為、比較的審査の緩いものは問題なく審査に通った。

Cさん

過去の支払い履歴がキレイなのが幸いしたのか、ネットで「審査が緩い」と評判の新しいカードを申し込んだらOKだった。

Eさん

キャッシングにあたり、正直に風俗会社勤務だと話したが、借りることができた。風俗嬢でも、アルバイトでも、少額なら借りることができるらしい。

と概ねポジティブな経験が多かったです。

 

今はフリーターや派遣労働者、フリーランスや個人事業主といった、従来の正社員に比べると、信用度が低い人がたくさんいます。

これを全て門前払いしていたのでは、ローン会社やクレジット会社も厳しいのでしょう。

また風俗店には、風俗業界で働いていることを内緒にしておきたい人のため、バレ対策としてアリバイ会社を作っていることがよくあります。

ダミーではなく、きちんと内容のあるWEB制作会社、エステ会社などですので、在籍証明や給与証明が必要ならいつでも利用することができます。

先入観や偏見に負けない

先入観や偏見に負けない

先入観や偏見に負けないで、風俗業界で高収入を手にし、充実した毎日を送るための心得。

風俗業界で働いている男性の多くは

転職して良かった

と言います。

その理由としては

◇年齢・学歴・経歴に関係なく、実力主義で、昇進・昇給のスピードがとにかく速いこと

◇実際に働いてみると、思った以上にホワイトな職場であったこと

◇高収入を得て、プライベートを充実させたり、親や家族を大切にできたこと

が挙げられます。

また、とてもやりがいのある仕事で、風俗で働かざるを得ない女性のサポートや、風俗を必要としているお客様の支えになれることに、誇りも感じています。

そんな先輩達がどのようにして、先入観や偏見に打ち勝ってきたか、その心得を語ってくれました。

  • 仕事は第一に、生きていくため、金を稼ぐためである。
  • 大切なのは家族と自分。世間の目とやらいう他人ではない。
  • 好き勝手言う他人は、自分の人生に責任を取ってくれない。
  • 話さないでいいことは話さないのが、大人の処世術。
  • 嘘を付くなら、最後まで付き通す。
  • 何もせず批判だけする人間の言うことは、聞くに値しない。
  • 世間の目…って具体的に誰?

まとめ

世間の目や他人の価値観を優先して、ブラックワークと低収入に甘んじたら、どんな結果が待っているでしょう?

・美味い物も食えず、したい事もできず、欲しい物も買えない。

・体やメンタルの健康を害する。

・年を取って転職が難しくなってから、解雇される。

・貯金できず、結婚したり子供を持つことができない。

・貧困老人まっしぐら。

それは果たして幸せでしょうか?

自分の望む未来でしょうか?

違いますよね。

正直、考えただけでゾッとすると思います。

そんな事になるくらいなら、周囲や世間の先入観や偏見なんてどうでもいいと思いませんか?

後悔しない人生を送るためには、一歩踏み出す勇気と、周囲の目にコントロールされない自分軸が大切です。

高収入を稼ぎたい、風俗業界で働きたいという気持ちがあるのなら、思い切ってみませんか?

 - その他 ,