フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

スロベニアでロボット風俗店が誕生!いずれ日本の風俗もロボット化⁈

      2021/06/08

おはようございます。

某デリヘルスタッフの生米太郎です。

ナマゴメです、ナマゴミではないので、間違えないように。

朝の掃除や準備を済ませ、ネットを見ていると、すごいニュースが入ってきました!

ヨーロッパ、スロベニアでロボット風俗店が誕生。

コロナの影響で、ZOOM飲み会やバーチャル観光が流行したのと同じく、感染リスクが低いAI搭載のSEXロボットの必需性が高まっているとかいないとか。

そういえばコロナってもう1年以上経ちますが、感染者数も様々な制限も相変わらずですよね。

これってもしかしたら当分続くんじゃ…

いや、下手したらこのニューノーマルとやら、半永久的に続く可能性ってないですか?

そうなると、いずれロボット風俗店が日本に進出?

二次元好きの日本だし、もしかして大旋風が起きる?

え、ちょっと待って。

生身の風俗嬢はもう要らない?

そうなると、今風俗店で働いている僕たちはどうなっちゃうの!?

わぁぁ~黒船襲来ですよ、ヤバイよヤバイよ!

と騒いでいると、店長が出勤してきました。

「店長、スロベニアのロボットが黒船に乗ってやってきて、僕たち歌舞伎町の風俗店が壊滅ぅ~(泣)」

と話しかけると、ものすごく白い目で見られました。

スロベニアってどこ?

おはようございます。

話し手、変わります。

店長の勝出(かつで)と申します。

うちのスタッフがパニックを起こしていますが、こういう人からフェイクニュースって始まるんだろうなあと、チベットスナギツネの目で見ています。

ロボット風俗店は日本では流行らないから安心して下さい。

その理由をお話する前に、折角ですからこのスロベニアのロボット風俗店についてご紹介しましょう。

面白いアイデアですよね!

まずスロベニアという国自体を知らない方も少なくないと思いますので、そちらの紹介から。

「サッカーは戦争だ、と言う人は、本当の戦争を知らない」

スロベニアは旧ユーゴスラビア連邦の一部で、イタリアのお隣にある国です。

日本ではお馴染みのサッカー選手、ピクシーことストイコビッチがユーゴスラビア出身です。

さらに、元日本代表監督のオシムさんもユーゴスラビアです。

実はユーゴスラビアでは激しい民族争いがあり、ある日突然、お隣さんと殺し合いの戦争をするというような悲しい歴史があります。

内戦ですね。

これまたサッカーネタになりますが、ボバンというユーゴスラビア出身の選手が、こう言いました。

「サッカーは戦争だ、と言う人は、本当の戦争を知らない」

深いです。とても深いです。

平和に慣れている僕たちは、はっとさせられますね。

そんなボバンさんは、クロアチア代表として、1998年のフランス大会に出場し3位という好成績を残りましたね。残念ながら日本戦は欠場ですが…。

サッカーファンの人なら記憶にあると思います。

美女が多いスロベニア!あの人も!

うーん、スロベニアって知らないんだけど、なんか聞いたことはある。

という人は恐らく

前アメリカ大統領のドナルド・トランプさんの奥さんがスロベニア出身だったことが、記憶に残っているのかもしれません。

キレイな方ですよね。

今でも十分、おキレイですが…

トランプさんとまだお付き合いしていた頃のグラビア写真は美し過ぎて、ヌードモデルだったと言い立てイメージダウンさせようとした相手がむしろかっこ悪かったです。

スロベニアの女性には美人が多いことで有名なんですよ。

サッカーと美女の国

ああ、イキたい

じゃなく行きたい。

スロベニアでロボット風俗店登場

実はスロベニアでロボット風俗店登場したのは、ちょっと前になります。

そしてスロベニアの前には、お隣イタリアでも同じビジネスがあったんです。

が、イタリアは非常にカトリック教会の強い国でして、圧力により、閉鎖されてしまいました。

ロボットというと、ペッパー君みたいなのを思い浮かべるかもしれませんが、それでは抜けません(笑)

AI搭載のラブドールが待機しています。

ちゃんとグロリア、ビクトリア、エマなんて名前も付いていて、話したり、目・頭・口を動かしたり。外部刺激に反応したり、人肌の温度まで温まったりします。

お値段は

30分 60ユーロ
60分 100ユーロ
120分 120ユーロ

(1ユーロ約133円)

と結構します。

スロベニアの物価は日本より安いですからね。

日本にはまだないの?

スロベニアのロボット風俗店が日本にも誕生するのでは?という心配を、生米君がしていましたが、実は日本が先駆者です。

だって日本ですよ?

風俗も、2次元も、オタク産業も、アダルトグッズも、日本が本場じゃないですか。

ただし日本のそれは、ロボットではありません。

普通のラブドールです。

ラブドールを派遣します。

ラブドール風俗のメリットとしては

  • パネマジの心配がない!
  • 女性とコミュニケーションが苦手でもOK
  • 普通の風俗嬢が引くような気持ち悪い変態プレイ(笑)も嫌がられない
  • 性病のリスクがない
  • 3泊4日なんてロングコースも可能

などが挙げられます。

但し料金は、普通のデリヘルとほぼ変わらないんすよね。

ラブドールが最高級品ですし、メンテナンスやデリバリーなど案外手間もかかってますので。

コロナ感染リスクが低いAI搭載のSEXロボット風俗店は、日本で進化する?

上記で性病リスクがないと書きましたが、今の状況ならコロナ感染リスクがないことのほうが魅力かもしれませんね。

あまりにもコロナ禍が長引き過ぎて、皆適当に息抜きしないとやってられない状況にはなってるんですけど、中には

  • WFH(ワークフロムホーム)
  • デリバリーや通販を利用し、ほぼ外出しない
  • 人とも会わない

というライフスタイルを徹底している人もいます。

もし日本にロボット風俗店が誕生したら、すごくリアルなものができるのかも。

だって見ました?お台場のガンダム?

ガンダム歩かせちゃうぐらいだから、日本のロボット技術は伊達じゃないです!

もう現実と漫画の世界が変わらなくなってきてます。

そんな日本なら、今後、ロボット風俗店が主力になったりする?

そうなると、風俗店もリストラとか始まっちゃうのかなあ、ねえ、生米君?

ロボット風俗嬢が主力になることはない!

なんて煽ってみましたが(笑)

日本でロボット風俗嬢が主力になることはないです!

例え、ロボット風俗店が誕生しても、あくまで1ジャンルに留まりますね。

ニッチな層や、一度はお試しという利用者には、話題になるでしょうが、日本の風俗ユーザーの多くはロボットでは満たされません。

どういうことかというと、日本の風俗利用者が求めているのは「癒し」です。

SEXじゃないんです。

だって日本の風俗って原則的に、本番禁止

フィニッシュは手や口ですよね。

そんな国ないですよ(笑)

じゃあ、日本人男性は何を風俗嬢に求めているのかというと

癒し

疑似恋愛とか恋人気分とか、言ったりもしますね。

挿入、射精という部分ではなく、会話やムードやいちゃいちゃなどが大切なんです。

ロボットとイチャイチャしても、心は癒されません。

また既に述べたように、ロボット風俗店って結構いいお値段がします。

同じ料金で、ラブドールとするなら、より取り見取りの風俗店から自分好みの風俗嬢を選び、生身の体とふれあいたいという男性がほとんどでしょう。

ですので、風俗店がすべからくロボット風俗店になり、働いているスタッフをリストラってことは、ありませんのでご安心を!

 - その他 , ,