フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

風俗店の労働環境がキツイのは過去の話に? - 一般業種に近づく業界の従業員待遇

   

一般業種に、風俗業界での従業員待遇が近づいている

風俗業界での仕事は「労働環境がかなりハード」とよく言われており、収入は高そうだが厳しそうだ、体がキツそうだ…という理由で検討から外すという話をよく耳にします。

ですが実はもったいない話なんです。業界では少しずつ、例えば完全週休二日勤務だったり、8時間労働 残業無しというような、まるで普通の会社と錯覚してしまう待遇を提示する店舗が増えてきています。

一般の飲食業界で働くよりも圧倒的に楽なほか、普通のサラリーマンとなんらかわらないなんてケースもあります。

もちろん風俗業界では高収入と引き換えに、長い勤務時間で休みが少ないお店も少なくありません。

そういう意味で『選択肢が増えた』『二極化した』と言えるでしょう。

逆に気合いを入れて集中して働いて高収入を稼ぐという従来の選択肢と、まるで一般業種のような働き方という2つの選択肢を選べるようになってきています。

今回の記事では、風俗業界の従業員待遇に関する、最新状況をご報告していくことにします。

安定志向の人でも大丈夫!まるで普通の会社な風俗系企業が増加中

大手はレベルの高い人材を求め始めている

完全週休二日、夏季・冬季 長期休暇あり~それって飲食店勤務などより全然良い待遇では?

完全週休2日、夏季・冬季休暇や有給休暇まである…そんな一般企業のような待遇を提供する風俗系のお仕事が増えています。

例えば居酒屋チェーンの店舗勤務などの仕事でも、休日は週に1日(週休制)、長時間労働、長期休暇をとるのが難しいなんてことは当たり前になっていることを考えると、かなり労働条件が良いのは間違いありません。

風俗業界も、しっかりした人材を必要としている

風俗業界が求める人材の質が変わってきている

風俗業界は次第に頭の切れる人を多く求めるようになってきています。別に有名大学卒といった経歴は一切必要ありませんが、『地頭が良い』ことが大事です。

何故かといえば、競争が激化してきた結果、いままでと同じやり方が通用しなくなってきたからなんです。

地頭がよかったり、仕事ができる人でないと風俗の仕事もできなくなりはじめている

たとえばデリヘルなどの派遣型ではお客さんが直接訪れる店舗がありませんから、集客のためにはネットや雑誌の風俗媒体に広告を出したり、自分のお店のホームページを充実させるしか方法がありません。

どの媒体にどうやって出せば効果的なのか? アピールのためにどんな写真を使うのか、キャッチコピーを選ぶのか?など、広告を出すこと1つとっても考えなくてはいけないポイントは無数にあります。

そうしたことから、ネット関係にかなり強い人材や、広報・広告に強い人がいるかいないかで、お店の運営がかなり変わってくるようになったといっても過言ではないでしょう。

また、顔が見えないお客さんからの問い合わせ電話についても、いかに上手に対応できるかといった上手なセールストークが必要になります。

しっかり頭を使った電話営業をこなせるレベルの能力がないと、みすみす高単価なお客さんを逃してしまうことも少なくないんです。

人材確保の競合は、同じ風俗業界ではなく一般の仕事

このように、風俗業界に必要とされるスキルは、次第に一般の仕事と変わらなくなってきています。

優秀な人材を採用したいお店、会社にとっては、人材確保の競争相手が同業他社ではなく、次第に一般業種の会社。このため待遇も次第に一般企業に近いものになりはじめている…というわけなんですね。

一般企業なみの待遇を提供するのは、現時点では大手風俗グループや超有名店

もちろん、現時点では普通の会社のような待遇を提供する風俗店は、まだ多数派ではありません。

そうした求人のほとんどが多店舗展開をする大手だったり、業界では誰でも知っているレベルの超有名店がどうしても中心になります。

とはいえ、そうした流れは確実に来ています。たとえば家族がいるため、風俗ワークの高給には惹かれるものの、ハードワークをするのはさすがにつらい…と考えている方、どんどん一般企業のような待遇内容の求人がどんどん増えているんです!

チャンスを狙うなら、小規模な会社へ!

一気に大成功を狙うならベンチャーへ

もちろん、安定性や働きやすさなどよりも「自分は稼ぎが多い方が何よりも大事!」という野心あふれる人も多いでしょう。

小規模だけど実力主義、しかも伸び盛り……というお店は、この業界にはいくつもあります。そうしたお店なら、実力さえあればすぐマネージャーや店長へ抜擢される可能性があります。入社後半年で店長、1年で統括になるなんてケースは珍しくありません。

さらに、上の方に行けばいくほど店の業績がよければ、より多額の給料をもらえる歩合になっていきます。つまり店を盛り上げれば、短期間でかなりの高収入を稼ぎ出すこともできるんです。

ベンチャー気質の人は「これから成長するだろう」店に飛び込んでみる

会社の成長と一緒に成長できる

すでに完成されている大手で自分のパワーを認めてもらい上に出世するのは、並大抵の努力では上手くいきません。可能性がある風俗系企業に小さな規模の時に入り、お店や会社と一緒に成長すれば、昇進・昇給のスピードは本当にあっという間、爆発的です。

お店や企業の成長に、人員の補充が追いつかない

ただし、まだ小規模なところは仕事が大変なことも事実です。成長に人員の供給が着いていないためです。

休日は週休制 - つまり1週間に1日の休みとなり、大抵は12時間拘束 - つまり朝9時に出勤したら、仕事が終わるのは夜の9時くらいになります。比較的ハードワークなことは間違いないでしょう。

一般のベンチャー企業、特にIT系などでも同じような話がゴロゴロしています。朝9時、10時に出社して、帰りは終電近くだったり、場合によっては徹夜。さらに休日は無いも同然といった具合で風俗業より過酷なことすら珍しくありません。

大きなリターンを得るためには、小規模なときに入った方が断然有利

小規模でも伸び盛り、そして人員が足りていない風俗店・風俗系企業に入った場合には、かなりのスピード昇進になることが珍しくありません。

ある店に業界未経験で入ったAさんは、わずか3ヶ月でマネージャーに抜擢され、半年後に新しい出店をチャンスにして店長に就任。固定給に加えて大きな割合の歩合給も受け取れるようになりました。

新店を盛り上げた結果、普通のサラリーマンでは多少の努力では実現することが難しい「1,000万円プレーヤー」に2年かからず到達しています。

一般の仕事のように、自分に合った働き方を選べる

一般企業と変わらない就労環境

安定志向の人、きちんと仕事も私生活も充実させたいという人は大手を指向します。一方でそうした大手の場合には経営幹部のレベルまで出世するにはかなりの努力も時間も必要になります。

一方でベンチャー企業に小規模なときに入って、会社と一緒に大きくなった場合には、30代で部長や執行役員になったなんて話は決して珍しくありません。スピード出世・スピード昇給を求めるなら、リスクをとって小規模ベンチャーに身を投じる方が有利です。

風俗業界はいままでも後者のような、スピード出世・昇給を求める人にとっては有利な環境でした。ただそれ以外に選択肢が少ないことが課題でした。

もう1つの安定性や、快適に働ける就労環境を求める人のための求人も増えてきたことで、より多様な人たちがこの業界で仕事探しをしやすくなってきています。

 - 未分類