フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

【風俗利用客の気持ちを理解せよ!】キャストのこの発言は客が切れる!延長やオプション欲しさのこの発言!

   

【風俗利用客の気持ちを理解せよ!】キャストのこの発言は客が切れる!延長やオプション欲しさのこの発言!

ふとした発言で、お客さんが切れる

お客さんの機嫌が悪くなる場合もありますし、そうではなくても二度と指名してもらえない。

ひどい場合は、そのお店の利用自体を辞めてしまう。

そんなことってあります。

でも普通に考えると、風俗嬢の皆さんは失礼のないよう丁寧に接客してるはずなんですよね。

まさか不愛想に乱暴な口調で返事したり、わざわざ失礼なことを言う人はまずいないと思うんです。

じゃあ、結局気難しいお客さんが多いってこと?

と思うかもしれませんが、そうそう風俗に来る男性が皆、気難しいなんてことはありません。

その証拠に、人気風俗嬢にかかればほら、どのお客さんも当たり前のようにリピートするんです。

実は、一生懸命頑張り過ぎて、逆効果になっている発言というものがあるんです。

今回はその中でも

少しでも多く稼ぐため延長やオプションを取ろうと頑張っている女性や、お客さんに良かれと思って言う言葉に隠れている、地雷ポイントについて、店舗スタッフとして理解しておきましょう。

お客さんのお金を軽く見る発言は地雷

お客さんのお金を軽く見る発言は地雷

まず風俗嬢側が悪気なく、よくやってしまうのがこの失敗です。

それは

謙虚になったつもり、お客さんのお財布事情に気を使ったつもりが、とんだ地雷を踏んでいるパターンです。

安いホテルをおすすめ?

本当にこれ、言ってる人がすごく多いんです。

待ち合わせ型デリヘルやホテヘルなど、多くの風俗店では、大体いつも同じホテルを使います。

1軒のお店で、候補のラブホテルが大体3軒~はある感じですね。

お店によっては、お客さんの希望に合わせて

エリアの風俗店御用達の安いホテル

から

かなり高級感のあるデラックスホテル

まで、ランク別に紹介したりします。

前もってホテルの部屋を予約するお店もありますが、女性がお客さんと待ち合わせてからホテルに向かうお店も多いです。

また、次回も同じホテルになるのか、お客さんから質問されることもあります。

そうですよ、リピートのチャンスですよ、これ。

この時に、お客さんを気遣っている風に見せたくて

「安いホテルがあります。」

「●●ホテルが一番安いです。」

「他のホテルだと●千円もしますよ~?」

と言ってしまう風俗嬢は多いのではないでしょうか。

でもこれ、言われる男性からすれば、かなり微妙なんですが?

だって

「お金ないんでしょ?」

って言われてる感じがするんです。

かと言って多くの男性は、高いホテルを勧められたい訳ではありません。

安いホテルを嫌がったり、やたらホテルのランクアップを勧めてくるような風俗嬢は、嫌われます。

  • 図々しい…
  • ぼったくろうとしている…
  • 客の金を何だと思ってるんだ…

こんな風に思われてしまいます。

つまりお客さんに恥をかかせないことが、大切なんです。

「安いホテルがあります。」

とご案内するのではなく

「お店が仲良くして頂いているホテルがあります。」

「いつも皆さんよく利用されるホテルがあります。」

という言い方がベターです☆

●分コースでいいから?

上記と同じ理由で

「●分コースでいいから、来てね。」

良くない言い方です。

風俗嬢としては、あまり長過ぎないコースを言って、むしろ謙遜と思われるつもりが、お客さんの受け取り方は正反対!

お別れの時に「また来てね♡」と言うこと自体はいいんです。

むしろ言われないと

俺のこと、もしかして嫌だったのかな?

と感じてしまうのが、デリケートな男心。

でも

●分で「いいよ」

と言われた途端に、利用したくなくなるのも事実です。

わかりにくいという人は、次の発言と同じだと思って下さい。

「今日、ご飯何?簡単に、トンカツでもいいよ。」

「暑いから、カンタンに素麺でもいいよ。お前、手抜きだねw」

ムッときませんか?

作りたくなくなりません?

~でいいよ

~でもいいから

という発言は、相手の労力や出費にきちんと感謝せず、甘く見ている

そう思われても仕方がないのです。

コース時間を風俗嬢側から指定する必要自体、ないのでは?と思いますが、どうしてもリクエストしたいなら

●分コースでいいから

ではなく

●分コースだと嬉しい

●分コースだと、一緒にゆっくり過ごせる

●分コースだと、あれやこれもできる

●分コースの人が多い

といった言い方にしましょう。

煽られると、お客さんは警戒する

煽られると、お客さんは警戒する

余程お財布に余裕があり、お金を使うこと自体を楽しんでいるような裕福かつ散財家のお客さんは別として…

多くの人は

  • ムダ使いはしたくない
  • 自分の予算の範囲で遊びたい
  • 最も楽しめる使い方をしたい

と思っています。

私達だってそうですよね。

押し売りされて欲しくない物を買わされたり、買った物が広告や期待と全然違う物なら、腹が立ったリがっかりします。

特に「定価」がないキャバクラやクラブのような水商売や、交渉が必要な交際クラブなどと違い、風俗は明朗会計が大きなウリです。

決められた金額を払えば、コースに含まれているサービスが必ず受けられる

これが利用者側にとっての、風俗の魅力です。

そういうお客さんにとって

しつこく余計なお金を使わせようとしてくる風俗嬢

は、店に入ろうものならぴったり付いてきて、見る物触る物、ガンガントークで買わせようとする店員並みに、うざいです(-"-)

キャストから相談されたら…

キャストから相談されたら…

延長やオプションはどうやって取ればいいの?

指名

そして

延長

オプションプレイ

を積極的に取れる風俗嬢は、稼げます。

延長は、元からロングコースを取るより割高になるので、女性の取り分も増えます。

多種多様なオプションが充実しているお店であれば、たくさんオプションを付けてもらえたら、それだけでお給料バックが倍以上になることもあります。

人気があり、安定してどんどん稼ぐ風俗嬢ほど、この延長とオプションを次々取ってきますね。

では、どうやって延長とオプションを取ればいいのか。

そのポイントを、お客さんが切れるような発言を避けるという観点から考える

◇お客さんのお金はお客さんのものだということを、しっかり理解する

◇お客さんに恥をかかせないことを最優先する

必要があります。

なので

お客さんが、この子ともっと一緒にいたいと思うような接客をする。

お客さんが、この子のプレイは上手い、楽しいと感じ、もっと何かできるならして欲しい、したいと思うように、プレイを頑張る。

延長やオプションは、あくまで「こういうのがありますよ」とサラッと紹介する。

自分から「~付けて下さい」「~して」と要求・命令しない。

お客さんが延長やオプションを付けてくれたら、素直に喜ぶ。

が、喜び過ぎない。喜び過ぎると、他の客は付けないのか、俺は損したのかと思われる可能性がある。

8割、素直に喜んで、2割程度、「本当にいいの?」「両方?片方は次回でもいいよ。また会いに来てくれたら、そのほうが嬉しいし。」と遠慮する。

この2割遠慮は、水商売でもよく使う手です。

お客さんのキープボトルが残り少なくなったら、この時とばかりにがぶ飲みしたり濃く作って空にし、新しいボトルを入れさせる気満々のホステスより…

わざと薄く作って「新しいボトルは、もったいないから次にしよ?」と言えるホステスが、お客さんから見ると健気に見えます。

こういう女性がいざという時におねだりすれば、シャンパンでも何でも入れてあげたくなるのが男性というもの。

お客さんが

  • とにかくお金を使いたい
  • 女性に命令されたり雑に扱われたいM

女性が

  • お客さんが自分にガチ恋で言いなりだという自信がある
  • オラオラ営業で売っている

のでない限りは、このやり方のほうが、結局売上が上がります。

まとめ

お客さんが切れるような煽り方で延長やオプションを取るのは、賢いやり方とは言えません。

大切なのは

お客さんにより多くお金を使わせてやろう

という気持ちをなくすことです。

風俗は高収入のため、つい、数千円、数万円を軽く考えてしまいがち。

1日に3-4万円稼げる風俗嬢から見れば、2000円のオプションを惜しむお客さんはケチ臭く見えてしまいます。

でもそういう気持ちでお仕事をすると、発言や態度に現れてしまいます。

お金を払って軽んじられたい人はいませんから(ドM男性以外は)、「馬鹿にしてるのか!」と怒らせてしまうことになります。

男性のプライドを大切にできる風俗嬢は、人気が出ます!

 - その他 , ,