フーワークマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フーワーク」

ダメ!絶対!風俗ワークで店の女の子に手を出すこと「風紀」は厳禁事項です!

      2016/11/04

お店の女の子に手を出したらダメ絶対

風俗のお店で働くと、店内に女の子がいっぱいいてムフフなことがあるかも…?

そんなことを万が一にも考えているようなら、風俗店で仕事をすることをオススメできません。

業界ではお店の女の子に手を出す行為はタブーであり、「風紀」と呼んで厳しく対応をします。入店が決まった段階で誓約書で絶対に行わないことを誓わされますし、万一約束を破った場合には厳罰となります。

今回はこの「風紀」について詳しくお話しします。

風俗業界では、お店の女の子に手を出す行為はアウトな理由

NGサインを出す女性

お店の女の子に手を出すことは、風俗だけでなく、キャバクラ、ガールズバーなどでもほとんどの店で厳禁になっています。クビはもちろん罰金請求されることも覚悟してください。

ちょっと冷徹な言い方をすれば、風俗などで店の女の子は大事な商品です。スーパーに勤めて店にある商品を勝手に食べたり飲んだりしたら厳しいお咎めを食らうのと同じことです。

ほかにも理由はいくらでも挙げられます。たとえば…

●付き合いだした女の子に対して、なるべく早くお店を辞めるように言うようになりがち。

●周囲の女の子は、店のスタッフと付き合っている子が贔屓されているのではないか?と不満をもつようになる→場合によっては多数の女の子が他店に移籍してしまう原因になりえる

●男の方が、女性の仕事に対してやきもちを焼くようになる

どれもお店の運営に支障をきたすダメな事ばかりです。もしそんな行為が横行しているような店があるなら、近いうちに経営が傾くと思って間違いないでしょう。経営者が店を潰すようなことをみすみす許しません。

お店の風紀を乱す行為だから、略して「風紀」と言います

激怒する店長のイラスト

このように、お店にいる女の子に手を出す行為は、お店の風紀を著しく乱すことなので、略して「風紀」といいます。業界以外の人にとっては、ちょっとおかしな日本語かもしれません(苦笑)

実際に付き合いだす前に、連絡を取り合うだけでも厳罰

本当に付き合う段階までいかなくても、店の女の子とプライベートでメールや電話、LINEなどで連絡を取り合うだけでアウトというお店も多いようです。

もちろん、ちょっと気になる子のアドレスを聞き出そうとしただけでも、厳しく叱責されます。そうしたことは入店前に面接でしっかりと説明されるハズです。十分に気を付けてください。

万一「風紀」をしてしまったらどうなるか?

風紀がバレて損害賠償を請求される男性のイラスト

ほぼ全てのお店では、風紀をした人には、かなり厳しい態度で対応が行われます。即刻解雇になることはかなり間違いありません。かなり厳しい叱責もあるでしょう。

その上で風紀違反に対しては100万円くらいの高額な罰金が請求されることも多いようです。

ちなみに、法律上では「風紀」行為をしただけで多額な罰金を請求することに根拠はありません。なので、“本気で裁判するなら”勝つ可能性はあります。

とはいえ、自分で弁護士を立てて無効や示談、減額などについて店と争う必要があるレベルの深刻な違反だと、しっかりと頭に叩き込んでおくべきです。

万一そんな事態になったら、多くの時間がとられるほか、弁護士費用も必要になります。ハッキリ言って、面倒くさい「徒労・消耗」以外の何物でもありません。

そこまでできますか? そんなリスクの高い「風紀」のような無駄、無意味なことは避けて通りましょう。

万が一にも風紀をしないためには、どうすればよい?

このように「風紀」は百害あって一利なしです。にも関わらず、やってしまう人が稀に出るのは、やはり男と女ということ。どうしても変な方向に転ぶときもゼロとは言い切れません。

店の女の子と必ず一定の距離を保つ

お店の女の子に対しては、言い方は厳しくなりますが「普通に女性として接しない」ということが大事です。あくまでも仕事の関係、ドライに一線を引いておくことが大事です。

実はその気は男性になくても、女性からアプローチをかけられることも少なくないんです。動機は、仕事上で贔屓してもらいたいとか、単に慣れない仕事で気持ちが不安定だからとか色々です。

万一そうしたことがあっても、適当にかわすようにしてください。

色恋管理?上級者でないなら、ミイラ取りがミイラに!

女の子を惚れさせて、他の店に移らないようにするというように、女の子を恋愛感情で管理することを色恋管理といいます。

お店の方で新人の男性に対して色恋管理をしろと指示されることなど皆無です。少なくとも大っぴらに奨励している店はまずありません。

ハッキリ言って、よほど適正のあるエクスパート以外は色恋管理はまず無理ですので、やめましょう。

仮に女の子の管理をする仕事をまかされたとしても、色恋管理に手を出す必要はありませんし、ろくな結果になりません。

女の子を色恋管理しようとしたところで、逆に女の子の方が立場が上になってしまったり、すっかり本気になってしまった結果、バレて「風紀」で処分されるというのが大抵のオチです。

まとめ

猫の風俗店員

今回は「風紀」についてお話しました。いかがでしたでしょうか?

繰り返しますが、風俗業界はもちろんのこと、キャバクラ、ガールズバーなどの水商売でもお店の女の子と付き合うことは厳禁です。

仮に付き合わなくても、プライベートに連絡をとったり、仕事と関係なく連絡先を聞くだけでもアウトです。

もし風俗業界で働こうと考えるなら、お店の女の子とはプライベートには一切かかわらないこと。このの点はあらかじめしっかりと頭に入れておくことがとても大事です。

 - 未分類 ,